« まず初めに | トップページ | ☆フリージアとの出会い(その二) »

2005年10月18日 (火)

☆フリージアとの出会い(その一)

 3年前ふとした事で、田舎に土地を購入する機会に巡り会いました。
 せっかくの機会ではあるので、都会の職場からはとても通える場所ではないながらも、借家住まいの身だったので、子供達への自然環境や、将来リタイヤ後にでもと考えて購入に踏み切りました。

 しかし実際に購入し、とりあえず畑として使い始めたものの、畑への水用に井戸を掘り、週末購入した土地に通っている内に、何故か家を建てたくなってきました。
 どうせ日常的に使う予定はないので、小さい家でもいいから安く建築できないか探していた候補の一つが当時のフリージアホームでした。新聞広告で募集の見学会に行き抽選に当たれば、安い物件が手に入れられる…?そんな程度の気持ちで見学会に申し込んだので、ログハウス自体には当初こだわりもなく、正直なところ、坪単価の比較だけを考えていました。

 実際見学会の当日では、フリージアのログハウスを含めた複数の物件を見る中で、当然フリージアのログハウスの宣伝があり、最後は端的には商談会の様な個別の打ち合わせが行われました。やや押しのある(相手も商売なので仕方ないのですが)話で、私自身は多少引き気味の感覚で担当者に、お愛想程度に打ち合わせをして抽選会の予約をしてその場は帰宅しました。
 しかし、持ち帰ったパンフレットを見た家人は割と気に入り、この時点から家作りの選択肢の中にログハウスが一角を占める様になっていきました。

 その一方で、当初の予定が小さな家程度なので基本的に木造で考えて、在来工法、ツーバイフォー、ログと散々に迷いました。
 私個人的には、建築する家の規模から在来工法かログを考えていましたが、家人はログハウスの外見が結構気に入っていた様でした。そこで、ログの見学会にビックフットやその他有名メーカーを見て廻り、最終的に別荘的な使い方には、ログハウスも良いと思う様になっていきました。
 しかし、フリージアホーム以外のログハウスは結構高価で、直接済む訳でもない事を考えると、考えさせられる値段(フリージアも定価自体はいい値段)でした。

 そして抽選会を迎えました(以下次回)

|

« まず初めに | トップページ | ☆フリージアとの出会い(その二) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆フリージアとの出会い(その一):

« まず初めに | トップページ | ☆フリージアとの出会い(その二) »