« いよいよ今週で木工事終了です | トップページ | ☆型枠の建込みと断熱材の設置-10/5〜10 »

2005年11月16日 (水)

☆着工-9/17〜10/4

 フリージアホームの場合は着工日や竣工、引き渡し日を原則指定できません。一年の内、7月末までに引き渡しがあるか、12月末までに引き渡しがあるかに分かれます。
 我が家の場合は、急いでいない事もあり年末までに…という暗黙の了解で話が進み、着工も大凡お盆前後となっていました。それを目安に確認申請や様々に手続きを進めて来ました。
 しかし実際は、以前までの記事でお伝えした通り、当初の予定から約1ヶ月辺り遅れて現地の立ち会い〜着工になりました。

 現地での立ち会いでは、建物の配置と関連業者の紹介(基礎工事、電気設備、給排水設備)、簡単な工程の説明がありました。一応の挨拶と説明を受け遠く離れた自宅にて待つ事になりました。
 当初の説明では、浄化槽工事を急いで行い、その後基礎工事から始める事になっていました。基礎工事業者さんの連絡を待っていると、既に捨てコンを打ち終えた状態で工程の連絡がありました。どうも、何らかの都合で浄化槽の工事より先に基礎工事が始まった様でした。とりあえず、工事の詳細と工程に伴って立ち会いをしたい旨(コンクリートを打ってしまうと、鉄筋等の状況は確認できなくなる)を伝えて連絡を取り合った所、防湿シートの敷設が基礎業者に伝わっていない事が判明しました。
 基礎断熱の方向を考えた時、床下の通気口を無くし基礎を断熱材で覆います。床下の通気口を無くす事に対して湿気をなるべく減らす為にも、防湿シートの敷設は必ず必要な事でした。
 基礎工事業者さんは、お施主の申し出ならと快く応じてくれましたが、本来は打ち合わせの経過を漏れなく伝えるべき内容でした。一部でも連絡漏れがあると全体が気になります。慌てて、フリージアホームから基礎工事業者さんに届けられた図面をFAXで送ってもらい、打ち合わせの内容と食い違いが無いか調べました。すると、基礎の底盤の配筋が違っている事に気づきました。また、耐力壁の通り芯も基礎の位置と合っていない所がありました。
 打ち合わせの内容が無駄になるのも辛いので、週末の深夜ではありましたがフリージアホームに現在の状況と、どのように指示を出したのか確認したいので図面をもらえないかFAXを送りました。すると、翌朝フリージアホームの担当者と連絡がつき(本来契約図面ではないが確認する必要がある旨を理解してもらい)基礎図面等を送ってもらう話がつきました。同日フリージアホームから図面が届きました。
 正直、打ち合わせの内容が網羅されていなかったら、そのまま打ち合わせにいくつもりでしたが、正しく図面化されていたので、そのまま図面を基礎工事業者にFAXで送りました。全体の工期が定まった中でしたが、基礎工事業者さんは一部やり直しをして対応してくれました。
 後から思えば、連絡の行き違いが原因で基礎工事業者さんに迷惑をかけた形になってしまいましたが、それでも快く丁寧に最後までやっていただいて本当にありがたく思いました。

 基礎の底盤の打設前日に現地で作業を見ました。小雨混じりでしたが、丁寧に工事を進めてくれていて見ていて安心できました。安心できる現場だったので、現場の担当者に基礎断熱を考えている旨を伝え、断熱材をコンクリートの打ち込み時に設置してもらう(コンクリートの型枠の内側に断熱材を入れてコンクリートを固めると断熱材がコンクリートにくっつく)形の見積もりを出してもらうお願いをしました。そして結局は、断熱材の施工も基礎工事業者に依頼する事になりました。

↓コンクリート打設前の様子(10/4)
dasetsumae

 基礎業者さんには、生憎の小雨でしたが黙々と鉄筋を組んでいました。キチンと組まれた鉄筋は規則的で、見ていても奇麗に思えました。この後、雨のため翌日のコンクリート打設は1日延期になりました。

|

« いよいよ今週で木工事終了です | トップページ | ☆型枠の建込みと断熱材の設置-10/5〜10 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆着工-9/17〜10/4:

« いよいよ今週で木工事終了です | トップページ | ☆型枠の建込みと断熱材の設置-10/5〜10 »