« 木工事が終了しました | トップページ | ☆ログハウスの土台作り-10/26〜27 »

2005年11月23日 (水)

☆木工事の着工まで-10/21〜25

 基礎工事のコンクリート打設が終わり養生期間が短い気もしましたが、予定に多少遅れた形で基礎の埋め戻しも終了しました。基礎工事業者の特に現場監督の方には、丁寧に現場を作っていただき感謝しています。後日、各工程の現場写真のコピーと、打設したコンクリートの配合計画書、ミキサー車の持ってくる出荷伝票が届きました。自分でも施工面は現地で確認していましたが、鉄筋の間隔や径、接続部分の詳細等様々な写真が届き十分に安心出来ました。ただ、配合計画書の呼び強度が設計基準強度(フリージアの場合一般に図示されていない様で…(後から気づきましたが))として打ち合わせ時に聞いた記憶がある数値と同じだったので、JASSというコンクリートの規格基準的には1ランク強度の弱い材料が入った様でした。もっとも、コンクリートの強度は配合計画の値よりは通常高い数値になる事や、1ランク下の材料として計算しても結果的には支障ない形が見込まれるので、気にしない事にしました。

 基礎工事完了の数日後、現地に搬入が始まりました。最初に届いたのは…冷蔵庫と洗濯機と炊飯器??などでした。
 我が家担当のビルダーさん達は、現地より車で20分程離れた現場で、やはりフリージアホームのログハウスを建築していたチームでした。ロシア人のリーダーの下で、ベトナム人のビルダー4人の総勢5名のチームでした。我が家の基礎工事をしてくれた業者さんが、「車で20分位の所で基礎を作ったけど、今は建物の工事していますよ」という話と、フリージアホームの地区担当(フリージアホームの現場代理人←エリアを定めて担当している。ただ、エリアが広い事や建設現場が町から離れていたり…いつも車で移動している感じ)が「(我が家に来るビルダーさんは)近くの現場が終了次第移動の予定」と言っていた話から想像していましたが、実際そのチームでした。
 
 ↓現場ではまずブルーシートを使った小屋が出来ました(10/21) 
  (この小屋は後にベトナム人ビルダーさん達の宿舎になりました)

koya


 小屋が現地に設置された週の週末、東京ではフリージアホーム主催の「竣工・着工式」が開催されました。その時期に竣工や着工を迎える施主とビルダーとフリージアホームの懇親会といったものですが、日曜の昼前から夕方まで余興含めて楽しく行われました。施主同士の情報交換が出来る事やフリージアホームとビルダーさん達の関係や、フリージアホームの役員にお会い出来る(会長はある面で有名な人らしい)等、費用負担もありますが有意義な時間でした。
 我が家の場合は、木工事の着工前だったので事前にビルダーさん直接お会い出来たことが最大の収穫でした。日本語で一生懸命に挨拶してくれる姿に(本来の工事とは関係ないのですが)誠実な感じを受け、まずは安心して建築を任せられる気持ちになりました。また、ロシア人やベトナム人が作る本場料理も、流石に本場の人が作るので大変おいしかったです。

 ↓現地にログ資材等が運び込まれ、一気にログハウスの建築現場になりました(10/25)

genba

|

« 木工事が終了しました | トップページ | ☆ログハウスの土台作り-10/26〜27 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ☆木工事の着工まで-10/21〜25:

« 木工事が終了しました | トップページ | ☆ログハウスの土台作り-10/26〜27 »