« 完了検査から表示登記まで(12/13-18) | トップページ | やはり訂正が… »

2005年12月19日 (月)

ドルゴ弁が正解

 先週の床下の排水管設備の内容で「ドゴル弁」と書いていましたが、ちょっと気になっていたので調べたら、「ドルゴ(通気)弁」が正解でした。公開後の訂正になってしまいましたが先週の記事を訂正しました。
 ドルゴ弁の名前はスウェーデンの会社の名前に由来する様ですが、通気管を屋外に立ち上げなくて良い優れものです。通気管はいくら屋外に立ち上げても、条件によっては臭気を感じてしまう(排水管の臭気が大気に解放されているので仕方ない)のですが、ドルゴ弁は基本的には常時閉で排水管内が不圧になった時にだけ開放してトラップの封水が切れる事を防いでくれる様です。つまり排水管の臭気は原理的には外に出て来ません。実際の効果は設置して自ら確かめてみるつもりですが、最近は便利な物がありますね。

 さて表示登記の方は…。事前に素人申請?の旨を法務局の担当者に相談しておいた所、緊急な連絡先を書いておけば、とりあえずは連絡先に問い合わせてくれるとのことでした。
 先日の受付時では、概ね19日辺りで書類審査を終える見込みとのことだったので、今日は一日携帯の呼び出しがあるか心配していました。書類審査で不明な内容は現地調査で確認するとの事でしたが、ここ数日の大雪でどうなっているのか…。22日までに本当に登記がおりるのか…。急な呼び出しで現地に行く必要が発生するのか…。融資も登記もやる事がなく?待つ身のこの頃ですが、心配事はつきません。

|

« 完了検査から表示登記まで(12/13-18) | トップページ | やはり訂正が… »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドルゴ弁が正解:

« 完了検査から表示登記まで(12/13-18) | トップページ | やはり訂正が… »