« 今回の建築のまとめ(建物計画編) | トップページ | ご無沙汰しています »

2006年1月31日 (火)

今回の建築のまとめ(建物施工編)

 今回の建築では、基礎工事と電気設備と給排水設備の3業種がフリージアホームの下請けで地元近辺の業者に発注されました。
 基礎工事以外については、建物本体発注分と施主の追加要望分(例えば、電気工事で引込み柱を立てるなどは、施主の追加要望で本体工事に入らないとしても、「廊下部分のダウンライトの追加に関わる配線工事」などは契約の電気設備図にダウンライトも入っているので、一般的には建物本体工事に含まれる解釈と思われるものの、フリージアホームと電気業者はどうも標準プランで話をしていたらしく最後まで微妙な感じだった)の線引きが不明確で、工期末まで工事総額の見当がつかず落ち着かない日々を過ごす事になってしまいました。結局施主の追加負担は浄化槽の補助金対応仕様への変更含めて全体工事費の5%を超える金額が別途必要になってしまいました。仮設工事(フリージアホームの場合は別途請求で施主負担です)その他含めると10%位は見ておいた方が無難かもしれません。
 標準プランで施工される場合は問題ないと思いますが、プランの修正が含まれる場合には注意が必要です。

 建物本体工事は、多分順調に進むものと思われます。材料から作業まで見事に出来上がったシステムで、仮に工場への機械作業の発注ミスが有っても現場のリカバリーなどもスムーズに行われます。我が家の場合も数カ所(ログ接合部分の切り込みが逆や、表面に出る部分での余計な切り込みなど)ありましたが、表向きはトラブルなど無かった様に作業は進んで行きました。
 ただ、トラブルの処理は現場合わせで対処されて行くので、気になる場合はなるべく立ち会って見ておいた方が良いかもしれません。ビルダーさん達の言葉が分からなくとも、見ていればトラブル発生時に何がトラブルなのかは、行動と様子で凡そ見当がつきます。そのリカバリー処理時に、そのまま放置できるか別途対策を練るか判断していけば良い様に思われます。

 現場はマメに見に行った方が良いかもしれません。実際木工事(特にログ積みなど)は、短期間にどんどん出来上がって行くので、見ていても随分と楽しいものです。作り手が見れますし、作り方も「百聞は一見に…」です。他の工法では味わえない貴重なチャンスでしょう。
 蛇足ですが、現場への心付けは気持ち程度で良い様です。我が家の現場のビルダーさんもロシア人リーダーの下でベトナム人研修生4人でしたが、ベトナム人研修生などは厳しいルールの下で作業(研修)しているので、余り過剰な贈り物は後の研修期間に影響を与える様でした。そうでなくても夢に向かって真面目に頑張る彼らなので、まずは言葉で感謝の気持ちを伝える事が良い様に思え、我が家の場合現場には(もう寒い時期だったので)温かい飲み物を持って行き、朝の挨拶と当日の天気予報と順調に工事が進んでいる事の感謝の気持ちを伝えていました。

 概ね問題なく進んだ(問題有ってもビルダーさん達の真面目さで大目に見たくなる)工事でしたが、我が家の場合で他の工法の建築作業と比較して気になったのが、現場の養生でした。建物本体については、雨が降ると全体をブルーシートで覆い雨を避けるなど見事な対応(現場に住み込んでいるので夜中の降雨であっても対応していた)でしたが、建具や階段手すりなど取付けや仕上げた後の養生をしておく習慣がなかった様子(養生用の資材も現場では見なかった)で、建築工事の後に入る設備工事や多少の未済工事の施工時など気になる場面も結構ありました。時間と手間が許すなら、施主自らが養生をしても(養生用の資材もホームセンター等で安価に入手できる)良かったかもしれません。

 最後に施工費ですが、最終的には(土地代含めず)凡そ坪66万位になりました。その内のオプション費用の増額分が50%弱です。床下の半地下部分の空間も収納として面積に加算すると坪40万強ですが、感覚的にはこちらの方が適当に思えます。

 もしもフリージアホームで建築を行うなら、ぜひ現場を見に行ってください。我が家も、現場に最初に届いた資材が「電気釜と冷蔵庫と洗濯機???」から仮設小屋の出現!と、あっけにとられた建築(ログ)工事でしたが、今思うといろいろな意味で、フリージアホームに建ててもらって良かったと思っています。Dカットログの程良い重量感や割とシンプルな外見など、数が出ているログハウスですので近所にあるかもしれません。実際に見てみてください。結構良い建物に思えますよ。

|

« 今回の建築のまとめ(建物計画編) | トップページ | ご無沙汰しています »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今回の建築のまとめ(建物施工編):

« 今回の建築のまとめ(建物計画編) | トップページ | ご無沙汰しています »