« Intel Macとは… | トップページ | 浄化槽補助申請の条件って? »

2006年1月14日 (土)

地目変更登記について

 我が家の建築も今年に入り格段とやるべき事が少なくなりました。引き渡しも受け建築工事自体はローンの支払い以外ほぼ完了した形(未だに仮設便所が残っているらしい??)になりましたが、年末の融資実行の条件だった抵当権設定登記が未だに完了しないらしく、司法書士から関係書類(土地の登記書ほか)が返って来ないので土地の地目変更と多少の手続きを残す位になりました。

 というのも我が家の場合、農地法の転用許可申請に基づく事業許可による建築だったので、土地の地目が「畑」のまま事業許可の通り建築工事を行いました。建築が完了した後で、(本当はそのまま放っておいても良い様に思っていたのですが、金融機関の担保評価が「宅地」を前提としていたので仕方なく)地目変更登記を行う事になっていました。
 未だに手続きに必要な関係書類は戻って来ていないのですが転用許可書の一文(この許可書は地目変更登記には使えない。地目変更登記に使用する場合は再度農業委員会の……)が気になっていたので、農業委員会に問い合わせてみる(もし地目変更にまた農業委員会の許可が必要になると申請含めて数ヶ月はかかる)事にしました。登記制度は土地の実態に合わせて行われるものと信じている?ので、我が家の実態に合わせて登記をするのに何故農業委員会の許可が必要か!と、ある程度粘るつもりで農業委員会に電話すると、あっさりと「ご自由に登記してください」との返事でした。
 どうも我が家の受け取った転用許可書は、建築をしない状態での地目変更登記を認めないと言っていた様でした。それなら所有権移転登記&抵当権設定登記の依頼を出す時に一緒にやってもらえば手間が省けたはずです。余裕ない状態で思い込んでいた自分に反省しました。

 そんなこんなで終わりに近づいた我が家の建築、手続きも先の地目変更登記、固定資産税の評価の立ち会い(この時に「別荘」ではなく「セカンドハウス」と評価してもらえないと不動産取得税の軽減が受けられない)、電気保安協会の検査、を残すだけかな?

|

« Intel Macとは… | トップページ | 浄化槽補助申請の条件って? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地目変更登記について:

« Intel Macとは… | トップページ | 浄化槽補助申請の条件って? »