« 最近、ご無沙汰していましたが…。 | トップページ | 軒の長さについて »

2008年11月17日 (月)

住宅の質感(重厚感)について

 外見の高級さは良い素材やこだわった材料で随分と変わってくると思います。その辺りはかけれる金額との相談でしょう。でも、その一方でフト感じる高級さもあります。床や壁の重厚感もその一つに思います。
 重厚さは見て分からない部分も多く、実際はぶつかった時の響き…床なら足音や、壁なら叩いてみた時の音、ドアが閉まった時の音(この場合は壁の質感と共にドアの質感も感じる)で印象づけられる気がします。

 我が家のログハウスで思うのは、床の響きと振動です。ある程度の空間(床平面)があるので仕方ないのですが、多少安っぽさを感じる時もあります。
 床の構造用合板(フローリング材の下地)について、多少値段が変わっても、通常の12mmから25mm以上(勿論、固定する釘も適応サイズにする)に変えておけば良かったかもしれません。

|

« 最近、ご無沙汰していましたが…。 | トップページ | 軒の長さについて »

コメント

かずです。
確かに床板は気になるかもしれませんね。
ログハウスの場合、1階の天井=2階の床なので、
特に2階は、気になる人が多いと思います。
私は、ログなんだからとあきらめていますが。

ただ、どうしても気になる場合、
上から張ったら良いんですよ。
最初からするより、やりにくいところ箇所が
ありますが、そんなに難しい事ではないです。
挑戦する価値があると思います。

私の場合、まず標準仕様(最も安い)のこの床を
しばらく楽しもうと思ってます。
むくのフローリングより掃除しやすく、
表面に硬い塗装がしてあるので、
傷がつきにくく、今のところ、
変える気にはなりません。

それより、自宅の家具・建具はすべて
自作したいので、そこまで手が届かないのが現状です。
今、ベッドを2台作ってます。
作った家具は、ぼちぼちブログで紹介していきますので、
楽しみにしてください

投稿: かず | 2008年11月17日 (月) 14時16分

 かずさん。早速のコメントありがとうございます。家具は全てご自身で作るというのも素敵ですね。
 確かに重ねて床張りすれば、一応素人でも対応出来そうですよね。特に2階なら、階高が余り気になる訳でものないので、建具との納まりさえ慎重にすれば問題無さそうですね。床剛性も接着剤でも間に入れておけば、何とかなりそうですし…。
 何より、DIYの余地を残した感じのある点では、ログハウスという建物は最高ですよね。
 ちなみに、我が家の場合2階には手をつけていませんが、1階床も振動が多少気になり、床下に造作壁を作りがてら補強的に、ベタ基礎から床根太に柱を追加してみました。
 2×4材組み合わせの柱であっても、部分的に1階床の振動は「ゴン」から「コツ」に変わりましたが、調子に乗って押し込み過ぎた場所では、逆に1階床が気持ち押し上げられてしまった感じです。
 程々の塩梅って難しい…と実感するこの頃です。

投稿: あぶ@関東 | 2008年11月17日 (月) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住宅の質感(重厚感)について:

« 最近、ご無沙汰していましたが…。 | トップページ | 軒の長さについて »