« 放射能ってどんなもの?(その3:γ線測定器の購入) | トップページ | 放射能ってどんなもの?(その5:測定器を借りる) »

2009年2月 2日 (月)

放射能ってどんなもの?(その4:測定器入手)

Img_0651 Img_0653  ebayで落札し待つ事一週間で、我が家に測定器は到着しました。送料含め約17000円程度で入手出来ました。

 そして電池(単3電池2本)をセットし、期待混じり?に数日間、勤務先含めて持ち歩いてみました。
 幸いと言うか、当然と言えば当然なのですが、放射線強度的に危険と言う数値を示す場所には、どこをどう寄り道しても行き当たる事はありませんでした。

 この機械では、当初の設定で0.3μSV/h(SV:シーベルトと読む)を超えた放射線量を感知するとアラームが鳴るのですが、「ピッ!」と言う放射線を感知した音は出るものの、概ね、0.08μSV/h前後で、そうそう特異な数値を示す事はありませんでした。

 ところが、この数値を職場の先輩に話したところ、「ちょっと高いのでは?」との指摘がありました。一般的には0.05μSV/h前後ではないかとの事でした。(なんで、そんな数値を知っていたのか不思議…)

 急に一抹の不安を感じてしまいました。もしも…、このebay経由で入手したウクライナ製という測定器が、単に音だけ出るオモチャだったら…。

 以下、次回に続く

|

« 放射能ってどんなもの?(その3:γ線測定器の購入) | トップページ | 放射能ってどんなもの?(その5:測定器を借りる) »

放射能関連(3.11前)」カテゴリの記事

機器:Terra-p」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 放射能ってどんなもの?(その4:測定器入手):

« 放射能ってどんなもの?(その3:γ線測定器の購入) | トップページ | 放射能ってどんなもの?(その5:測定器を借りる) »