« PM1208…2号器…そして | トップページ | RD1706の使い方 »

2011年9月20日 (火)

Terra-Pの使い方

 Img_2056 最近特に「Terra-Pの使い方」で検索されて、見に来ていただける方が多くなりました。

 そこで、とっても簡易版の使い方説明を記事にします。Terra-P用です。
 
Terra-P+は、機能が増えている為、この記事で説明するTerra-Pとは違います。ご注意ください。

1)電源オフはありません。スリープになるので放っておきます。

 電源はオフにせず常時持ち歩くのが正解です。もしも、放射能の危険のある場合には、警報音で伝えてくれます。また、積算線量計があるので、常時携帯していれば年間の被曝量を概ね把握可能です。

 

2)表示を見て、右側のボタンはモードの切り替えです。

 空間線量表示(μSV/h)積算線量表示(mSV/h)現在時刻表示アラーム時刻
  → 空間線量表示 → … 繰り返し…

 以上、4種類のモードを順送りで切り替えます。

 ※右ボタンを長押しするとリセットして工場出荷状態に戻ります。積算線量はクリアされ、空間線量の警報値は0.3μSV/hに戻ります。

 

3)表示を見て、左側のボタンは各モード内での表示の切り替えです。

 ア)空間線量表示 (空間線量の表示と警報値の設定)

  左ボタン短押し
   → 警報設定値の表示と計測時間のリセット。再度空間線量を計り直します。
     (表示の点滅中は計測中を示し、表示の点滅終了後の表示が測定値です)

  左ボタン長押し
   → 警報設定値の表示の後、警報値の設定。
    1) 警報値の各桁を左ボタン押しの回数で設定します。
       (各桁ごとに左1押しで、表示数値が1つ増加します)
    2) 決定後、右ボタン短押しで次の桁に移動します。各桁ごとに1)を繰返します。
    3) 各桁設定後、アラーム音のOn/Offの設定を行います。
       (On/Offは右1押しで、交互に変わります)

※ ガイガーカウンタは、一定時間の放射線パルスの量を計測して空間線量に換算表示します。Terra-Pは常時継続して動作し、単位時間あたりの空間線量として表示しますが、場所が変わった場合など、今直近の状況に限って知りたい時には、再度測定をやり直す事が必要で、この場合に短押しの計測時間のリセットをします。

 イ)積算線量表示(積算線量の表示)

  左ボタン
   → 意味なし。
     (表示に変化なし)

 ウ)現在時刻表示 (時刻の表示と設定)

  左ボタン短押し
   → 意味なし。
     (表示に変化なし)

  左ボタン長押し
   → 時刻の再設定
      1) 各単位(分、時間)ごと、左ボタンで数値を増やしながら指定します。
        (各桁ごとに左1押しで、表示数値が1つ増加します
      1) 右ボタンで分→時間→完了の順に、各単位を選択します。
        (右ボタンを押す度に、変更対象の桁が変わります)

 エ)アラーム時刻(アラーム時刻の表示と設定。毎日指定時刻に数分間アラームを鳴らせます)

  左ボタン短押し
   → 意味なし。
     (表示に変化なし)

  左ボタン長押し
   → 時刻の再設定
      1) 各単位(分、時間)ごと、左ボタンで数値を増やしながら指定します。
        (各桁ごとに左1押しで、表示数値が1つ増加します)
      1) 右ボタンで、分 → 時間 → On/Off → 完了 の順に選択します。
        (右ボタンを押す度に、変更対象の桁が変わります)
        (アラーム音のOn/Offは左1押しで、交互に変わります)

 

4)裏蓋を外すと、放射性物質の簡易判定が可能

 付属の保護カバーを外し、機器裏面のGM管(ガイガーミューラー管)の格納部の鉛製カバーを外すと、β線の影響を排除しなくなります。(参考記事はコチラ
 このため、β線が存在する場合には計測数値が増加します。この変化を見て、物体の放射性物質の汚染の有無を簡易的に推測出来ます。

※ 食品のベクレル単位などの微小な単に対する判断には使えないレベルです。放射性廃棄物程度の汚染状態なら、おそらく推定可能です。

5)警報が鳴った場合の止め方

 右ボタンで時刻表示、または、アラーム時刻のモードにすれば止まります。
 (空間線量か積算線量の表示時に鳴る様に出来ています)
 
 長く止めたい場合には、警報の指定値を空間線量より高く指定します。(上記3)ア)参照)

(PR →

|

« PM1208…2号器…そして | トップページ | RD1706の使い方 »

放射能関連(3.11後)」カテゴリの記事

機器:Terra-p」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。被災地に住む者です。急に以前の日記にコメントを入れて申し訳ありません。実は先日アマゾンでTerra-Pを購入したのですが、電源を入れて5分ほどで電源が切れてしまうのですがこれはスリープの状態なのでしょうか?日本語の説明書も付いているのですがこのような事が書いてありません。使用前になにか設定するのでしょうか?教えて頂ければ幸いです。宜しくお願いします。*販売元に問い合わせたところ説明書を読むようにと答えてもらえませんでした。

投稿: 海ちゃん | 2012年12月21日 (金) 09時53分

コメント有難うございます。

Terra-pは現在も愛用中ですが、最新機種は
持っていないので、私の所有機種に限って
お答えすれば、OFFはありません。
人間が感じない放射線相手の警報器なので、
常時ONでスリープ状態が基本です。必要な
時には復帰して警報を発します。

なかなか良さが理解されないのですが、
敢えてONにしなければ警報を発しない
測定器と警報器は違います。一年近く電池
は持ちますので、安心してお使いください。

因みに電池切れ間際には、短い警報音を
発します。
私の場合、目覚まし時計の切り忘れの音と
勘違いして、時計を探しまわった経験が
あります。

投稿: あぶ@関東 | 2012年12月21日 (金) 12時48分

お返事ありがとうございます。
発売元が返金に応じてくれましたので返金したいと思います。新たに別のお店から購入を考えています。
どうやら故障しているようです。。。。
また分からない時は質問させていただくかもしれませんのでその時はお手数ですが宜しくお願いします。

投稿: 海ちゃん | 2012年12月25日 (火) 10時11分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Terra-Pの使い方:

« PM1208…2号器…そして | トップページ | RD1706の使い方 »