« 新年明けましておめどうございます | トップページ | Polimaster社製PM1203Mの購入 »

2014年1月 3日 (金)

PM1904(POLISMARTⅡ)はiPhoneも一緒に充電出来る!

06  以前より気になっていたPM1904(写真左iPhoneの下に接続)についてですが、iPhoneに接続したまま充電するとiPhone側も充電出来るのか?を確かめてみました。

 当初の充電時には、何となく意識しないで充電してしまった事と、充電完了のPM1904は本当に2200時間バッテリーが持つのか?が、気になっていたので充電の確認がすぐには出来ませんでした。

 しかし、我が家のPM1904では使用開始後1ヶ月で、バッテリーの残量は当初の100%から40%強まで減少してしまい、頻繁に「low battery」の表示が出る様になってしまいました。
 購入当初に任意の追跡記録など多用していた事もあり、説明書では「2200時間は定常状態での作動期間」との記述もある様なので、今回は2200時間の検証にはならないか…な?と、一旦バッテリーの検証は諦める事にしました。少なくとも1ヶ月程度(800時間)の連続使用には耐えることは確かめられました。

4s_1 さて、充電器に接続したら…あっさり、PM1904本体と共にiPhone4Sも充電状態になりました。

(←下部PM1904の充電時には本体も充電状態になる)

 これならiPhoneの電源切れの心配せずに使い続ける事が出来ます。電源アダプタ併用で、連続計測可能な計測器になるなんて素敵です。

 また逆に?PM1904を持っていれば、マイクロUSB→30Pinの充電アダプタ替わりに使えそうな感じです。 

 

5_1 5_2  さらに、30Pin→lightningのアダプタも介した場合を、iPhon5に接続して調べてみました。

 こちらもあっさりPM1904とiPhone5の両方に充電が始まりました。

 こういう基本機能をしっかりと押さえるところは、PolimastrにしてもAppleにしてもしっかりした設計がなされている機械と思えました。

 

|

« 新年明けましておめどうございます | トップページ | Polimaster社製PM1203Mの購入 »

放射能関連(3.11後)」カテゴリの記事

iPhone」カテゴリの記事

機器:PM1904」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PM1904(POLISMARTⅡ)はiPhoneも一緒に充電出来る!:

« 新年明けましておめどうございます | トップページ | Polimaster社製PM1203Mの購入 »