BootCampでWindows

2008年7月 9日 (水)

今さらBootCamp

 ビリーズブートキャンプの話ではありません。コンピュータの話です。

 

 最近どうしてもWindowsを使う必要が多くなり、我が家に初めてのWindowsマシンを入れることにしました。と言っても、平成とほぼ同時にMac派になった(最初に買ったのはQuadra700と言う機種…世の中が98全盛期で、漢字表示の48ドットとか倍角文字なんて言っていた時代にアウトラインフォントを表示していた優れもの)ので、やむを得ず使う程度のWindowsはエミュレータで十分とVertual-PCで対応していました。
 しかし、このところPCの機種を問わずトラブル発生時の対応や障害が起きたハードディスクへの対応など相談を多く受ける様になり、エミュレータを介した動作のWindowsからでは今ひとつ手が届かないと感じる事も多くなってきたので、今回はWindows機の購入に踏み切りました。
(※ Vertual-PCも通常の動作としては動作速度以外には余り支障はなく、…むしろハードの物理的な機器構成を変えてもアクティビテーションに影響ない事や、複数の環境簡単に切り替えられる (極端な例ではXP3セットと2000を2セットなど複数のウィンドをデスクトップ上に開けておける←一番上に表示されたものだけがアクティブになる)な ど優れた点も多いと思っています)

 勿論、相変わらずのMac派なので、今回は我が家で初のIntelMacを導入しWindowsはBootCampでの起動と言う方法を選択しました。
 IntelMacではBIOSの設定はありませんが、全体的にはネイティブなWindows環境と言っても支障ない感じの構成です。修復ツールや周辺機器の接続や検証に支障なく対応可能なはずです。

 まず実際の機器購入ですが、AppleStoreの限定販売を使いMacBookの一世代前の機種を購入しました。約十数%引きでしたが、Core2Duoの2.16Gなら、そこそこの内容に思えました。メモリーはSoDimmの512×2が入っていましたが、価格コムで同規格の2G×2を調べて約1万円で購入し、2枚共あっさりと交換しました。
 OSは我が家で初めての10.5でした。まだ余り使い込んでいませんが、今後のプラットホームなので、我が家の他のマシンもいずれ移行を考える必要も出てくる(iPhone3GなどはOS10.5前提だったか…)のでしょう。

 そして、いよいよBootCampの導入です。

 結果的にここで大きく時間をロスしました。既に持っていたVertual-PCのWindowsXPやWindows2000を転用できないか(著作権的に問題はありますが)トライし始めてしまったのでした。
 心情的には、他人のシステムの救援マシンを用意するのだから、自分で費用を出して用意するのが勿体なく思えたから…でした。

 以下次回に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月26日 (土)

今さらBootCamp(2:VirtualPCのXPは使えるか…?)

 VirtualPCのXPは、BootCampに転用できるか?

 結果的には簡単には使えませんでした。私の場合には色々試しても結局無理でした。

 勿論XPの転用行為は、本来VirtualPCに付属していたXPですから、法的な問題が無い訳ではありません。ただ、今回のWindows導入が自らの用事で始めた事ではなく常態的に使う見込みも無かったので、個人的な実験程度に挑戦してみました。
 Windowsにお金を出す事自体が勿体ないと感じていたのが本音かもしれません。

 まずは、標準的な方法として、VirtualPCのXP部分のインストールディスクを差し込みましたが、BootCampとしてはOSと認識せずインストール画面には辿り着けませんでした。

 直接のインストールが無理だったので、次は別のMACでVirtualPCを起動させ、VirtualPCのインストーラーを使ってみようと思いました。VirtualPCに自らのパッケージとしてXPをインストールしているつもりにさせ、インストール先だけをBootCampのドライブにしようと思いました。
 しかし、IEEE1394ケーブルでターゲットディスクモード(MACをIEEE1394外付けHDとして使う方法)を使って、別のMACにマウント(MAC上では通常の外付けディスクと認識)しましたが、VirtualPCのインストーラーではインストール先のドライブとして認識させることができませんでした。

 それなら直接のインストールは諦めて、BootCampで切り分けられたパーテーション内に、動作しているVirtualPCのXPのCドライブの内容をコピーしてみようと思いました。
 確か構成機器でアクティビテーションに影響与えると記憶していたので、すぐにコピーしたXPが動くとも思えませんでしたが、エラーが出るなど少しでも反応があれば、次の方法も出てくると思い挑戦してみました。

 まずは、別のMAC上で動いているVirtualPCのXPのCドライブの内容を、IEEE1394でマウントさせたBootCampのドライブにMAC標準の方法(ドラッグアンドコピー)でコピーしました
 膨大な時間をかけてコピーは終わりましたが、BootCampのMACではWindowsが入っているドライブとして認識せず、起動時にWindowsを指定する事が出来ませんでした。

 次に、VirtualPCのWindowsシステム内の「i386」フォルダーの内容を使ってリカバリーディスクを作成してインストールできるかな?とも思いましたが、VirtualPCのCドライブ内の「i386」フォルダーには何も入って無かったので何もできませんでした。当然、コピーしたWindowsシステム内の「i386」フォルダーもフォルダーだけで「i386」を使う方法は手詰まりになってしまいました。

 それなら、VirtualPC上で動作するWindowsの引っ越しソフトを使って、IEEE1394でマウントさせたドライブにWindowsを引っ越しさせてみようと思いました。Windows専用の引っ越しソフトをWindows上で動作させれば完璧と思い、Windows環境でいずれ必要になる事も想定されたので某社のOS引っ越し用のソフトを購入しました。
 そして、引っ越し作業を試みましたが、VirtualPCというエミュレーターが間に挟まっている為か、色々試しましたが結局引っ越し先にBootCampのドライブを認識させる事が出来ず、引っ越し作業自体にも辿り着けませんでした。

次回は、Windows2000編です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月27日 (日)

今さらBootCamp(3:Windows2000は使えるか…?)

 Windows2000のインストールディスクは使えるか?

 これも私の場合には色々試しても結局無理でした。

 前回VirtualPCで数々の失敗を経て、同じNT系としてWindows2000をBootCampに使う事に挑戦しました。
 通常のインストールディスクがありながら最初に挑戦しなかった理由は、BootCampはXPのSP2以降に対応との記述があったからでした。そもそもが対応しないと言っているので当初より困難は予想していました。同じNT系ではNTのSP4も持ってはいますが(いずれもVirtualPC上で利用)、USBを認識しないNTSP4はUSBのマウントをMAC任せに出来るVirtualPCと使い勝手が違うBootCamp上では、採用の選択はあり得ませんでした。

 Windows2000では、さすがに正規のインストールディスクだったのでBootCampでは、通常のインストールディスクと認識しインストール作業が始まりました。
 しかし、やはりインストール開始直後の機器確認部分(最初の一行だけ表示)?で動作が止まり…黒い画面で止まってしまっているのか動作中なのか良くわからない…、一晩放置しても終わる様子が無いので諦めました。

 ただし、インストールディスク自体は、電源投入直後の起動OS選択画面(Option+電源)で選択される様になったので、ちょっとは前進した感じでした。
 この時点で色々検索してみると、「XPの起動ディスクの立ち上げ部分とWindows2000のインストールディスクを合体させて起動ディスクを作成…」みたいな事が書いてあるHPを見つけました。この場合の目的はBootCampでWindows2000をインストールしたいという目的でしたが、いずれにしても正常なXPのインストールディスクが必要な様で、結局は断念してしまいました。
 でも、最初の表示が出ると言う事はBIOS(MACの場合ではEFI)の起動後、NTLDR(
WindowsNT用のローダー)まで制御が移っている様なので、この辺りの一部がクリアできれば設定を継続できそうでした。

 その後、VirtualPC経由など色々挑戦しましたが、いずれも巧くは行かず、これまた結局、約3日間程時間を浪費して終わってしまいました。

 

 次回は、WindowsXP(DSP版導入)編です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

今さらBootCamp(4:DSP版でインストール)

 色々チャレンジした後で諦めが付き、結局はWindowsを購入する気持ちになりました。

 ただ…通常のWindowsは2万円以上するので、選択肢はアップグレード版かDSP版に限られました。
 アップグレード版はWindows98かMEが対象のパッケージだったので、私の場合にはDSP版しか選択枝は無い様でした。もしも、98からのアップグレードなら別のMAC のVirtualPC上で一度98環境を用意して予めBootCampのドライブにコピーした上でのアップグレードになりそうな感じでした。しかし、今までの道のりも予想外に長かったので、出来れば遠慮したいと感じる作業工程でした。

 一方でDSP版では、XPかVistaか値段もほぼ同等(1万数千円)だったので迷いました。結局は正規のサポートが終わりつつあるXPの方が、後で欲しくなった場合に困るのでメリットがある様に思えました。将来仮にVistaが必要な場合でも、アップグレード版を購入すれば対応可能です。
 DSP版なので何らかのパーツの購入が必要でしたが、メモリー(SoDimmの2G2枚…勿論、MAC版ではなくWindows用のメモリーを価格コムの口コミで確認して選択)と一緒に購入しました。

 いよいよBootCampでWindowsのインストールに作業になりました。

 結果は、あっさり終了。

 こんなに簡単なら最初から買ってインストールした方が、余程スマートだった様に思いました。

 実は、後日談が有ります。というのも、WindowsXPが動く様になってから暫くの間、通常に使えているものの、無線LANを認識しないと言う問題が気になっていました。後から思えば、MAC本体に内蔵するカメラやマイクなど固有の機能は使えていなかったのですが、当初は無線カードを認識しない事しか気づいていませんでした。
 数日間使い流石に気になってきたので、インターネットで検索すると「BootCamp導入時の注意書きを読んでいないのでは?」と言う気になる文章が有りました。
 確かに、BootCamp導入時のMACのOS側から制御が離れる最後の段階で、「操作手順を印刷する様に」とのメッセージと印刷ボタンが有った様に記憶していました。勿論、無視していましたが…。
 今までMAC歴約20年で、マニュアルを読んだ記憶は最初の数年だけで、以降は勝手に使って今日に至ります。ヘルプを見る事すら面倒に感じる(…本来コンピュータが使いたい訳ではなく、やりたい事の道具としてコンピュータが必要なので深入りしたいとはさらさら思っていない)性分が災いして「ドライバーの導入」という手順が有る事を忘れていました。
 MACでは一般に自分で別に内蔵カードでも入れない限り、プリンター以外にはドライバーを入れる必要が殆どないことも一因に有った様に思います。

 BootCampでのWindowsインストール後にWindows起動し、改めてMACに付属のOSインストールディスク(まさかWindows用のドライバーまで入っているとは思っていなかった)を本体に入れれば必要なドライバーが全てインストールされる様になっていました。(この辺りの重要な記述が、先述の印刷の指示が有った操作手順には記載されていた様でした)

 OS添付のドライバーを入れてみて、初めて?「Windowsでも音がするんだ…」と気づいたりもしました。単にドライバーが無くて本体から音が出ていなかっただけですが、職場のWindows機も通常音は出していないので、全く違和感無く使っていました。
 画像や音声は別にしても、私の場合は音は無くても良いのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)