機器:PM1208M

2011年9月13日 (火)

Polimasterと言う会社について

 今回は、私の使っているガイガーカウンタの中で、最近一番身の回りに付けている時間の長いガイガーカウンタPM1208の製造メーカーについてお伝えします。

 Polimaster(ポリマスター)と言うベラルーシの会社で、このメーカーの変わった所は、作った製品を原則小売をしていない様な点です。
 3.11前の日本では、丸紅が扱うと言う話以外に手掛かりがなく、数年前に一度、国内の入手先についてメールでお問い合わせしましたが、お返事はいただけませんでした。
 そこで当時、個人輸入を決意して、海外のオークションや、取り扱い商品として掲示されているHPを探していましたが、とうとう見つけられず全く諦めていました。

 ところが、3.11以降、オークションに出てくる様になり、原発事故後にオークション価格でしたが、私も海外オークションから入手する事が出来ました。

 原発業界には、全く素人の私には、先述の大手総合商社が代理店になっている事や、世界的に販売がコントロールされている様な印象からは、政府や東電などの原発関連御用達の様に感じられています。

 最近、日本サードパーティーと言う会社が、正規代理店契約をして、小売りを始めたらしい事を知りました。それでも、一般小売り店などでの販売は行われず直接販売だけで、相変わらず、何か分かりにくい感じのメーカーです。でも、オークションや怪しげな定価を付けているHP以外、販売を前提とした定価が表示されているのを見たのも、初めてと言えば初めてと思います。
 因みに、小売りで表示される定価は、今年5月頃のオークションでの落札価格から見ると約2倍になっていました。独占販売故の値段ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

ガイガーカウンタ付腕時計「PM1208とPM1208M」について

  以前より存在は知っていましたが、入手方法がわからなかったガイガーカウンタ付腕時計は、原発事故の後のガイガーカウンタ・ブーム?の中でオークションに出てくる様になりました。
 
 ガイガーカウンタとしての用途だけを見れば、元々コストパフォーマンスの良い品物ではなかったので、多分、売れないし売る人もいなかったのですが、原発事故後、普通のガイガーカウンタ価格が高騰した時期には、高くても購入する人がいたのでオークションが成立していた様に思います。
 安価な中国製のガイガーカウンタが多く出回り、今のやや落ち着いてきた状況下では、コレクターや価値を認める人しか相手にしない価格と言う感じで、一時の勢いはなくなっている様です。

 私の場合は、以前より個人的に、常時放射線測定器(Terra-PとRD1706)を持って歩いていたので、コレクターの乗りでオークション経由でPM1208Mを入手(5月初旬に送料込み約$900)しました。
 その後再びコレクター精神から、PM1208も欲しくなりオークションで入手(6月中旬送料込み約$700)しました。当初の私もそうでしたが、PM1208は割にデザインが悪いと言う意見が多いのですが、実際に使ってみると意外に大人しく無難な感じです。

 双方に共通する特徴(仕方ないですが悪い部分)に、本体の厚さがあります。両方共に内部構造が、時計部と放射線計測部とコイン電池(厚さ3mm)を単純に3層重ねた構造なので、双方共に厚さは約2cm(PM1208Mは18mm前後、PM1208は19mm前後)あります。
1208m 1208m  PM1208Mの方が、大きさがあるので厚さは目立ちませんが、逆に大きさ広げて厚さを目立たなくした感もあるので、PM1208Mは単純にデカイ!と言った感じです。
 一方で、PM1208は本体の大きさはともかく、厚さを目立たなくする方法の一つとして、元々大きくて重い時計が多いダイバーウォッチをカモフラージュに使った様な感じで、ウェットスーツなら多分目立たないデザインでも、一般的には、個性的な時計に分類されてしまうと思います。

1208m  いずれにしても、重量や大きさがある分、目的を持った所持が原則になると思います。実際に継続して使っていると重さの方は慣れてはきますが、普通の腕時計に付け替えた時など、手が浮き上がる様な感じさえします。

 ちなみにPM1208MとPM1208には、IR通信機能の有無に違いはありますが、基本的な中身は一緒の様です。実際PM1208の後期型はIR通信用の赤外センサを搭載しています。実際にIR通信を使った経験がないので何とも言えませんが、近い内に試してみたいとは思っています。

 次回以降、各詳細(まずはPM1208M)について。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

PM1208Mを購入してみて

1208m  PM1208Mは、当初はPM1208のメンズモデルなんて思っていました。

 PM1208が当初デザイン的にピンと来ない状況もあったので、相場的には1〜2万高い感じでしたが、PM1208Mを購入する事にしました。

 様々なオークションに当たって、目安は送料込みで800ドルで、入札を繰り返し、5月の初旬、とりあえず落札出来たのは、送料込みで総額約65000円の品物でした。
 送金後、実際に届くまで一抹の不安は有りましたが、無事に手にする事が出来ました。

1208m  PM1208Mを手にした最初の感想はデカイ!の一言につきました。
 重さもさることながら、ホームページで見た写真のスケール感の無さ?には上手に撮るものだと感心しました。
 我が家に届いたPM1208Mには、付属の保証書に2011年4月の日付があり、幸い新しい品物でした。

 早速付けて出歩きTerra-PやRD1706と比較しましたが、基本的に反応は鈍いと思う一方で、警報がなる状態では警報がなるので面白い(普段鈍いけど、何かある時は早く反応する)感じです。Terra-Pが反応する前から何かに反応して、高い数値を表示する場合もあるので、単にリニアに反応する訳ではなく、何か判断のアルゴリズムが有る様に思いました。

 操作方法としては、デジタル表示の任意に記録が出来る空間線量と、積算線量、アラーム時計に、別途アナログ時計が合体した形で、通常にガイガーカウンタを使っている人なら、割に分かり易い感じです。
 測定値の保存と赤外線通信機能については、モデル固有の機能なのでマニュアルが必要でしたが、その他は付属マニュアル(英文)を読まずとも、だいたい理解可能でした。

 ただ、新しい場所に移動した時など、任意に測定時間を取り直したい時の方法は、あるのかないのか分かりませんでした。 その後、インターネットで測定時間を取り直す方法があると知りましたが、その方法にしてもリセット後に、どれ位待てば意味のある値になるのか?など、何かちょっと分かっていない感じです。

 赤外線通信は、まだ使っていないので、何が出来るのか?何か分かるのか?気になりますが、そのうち使ってみてご報告します。

 次回はPM1208についてお伝えします。

 

(PR→

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月22日 (木)

Terra-P、RD1706、PM1208M、PM1208を比較して

帯に短し…なんて言いながら、高い物には理由がありそうですね。

以下に比較(作表する技術が無いので並べただけです)。

 Comp2

※1 警報値を高く再設定すれば止められますが、急な場合の対応として難しいので
  再設定による方法は評価していません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

PM1208M、PM1208(後期)の赤外センサについて

Photo  我が家のガイガーカウンタ付き腕時計です。
 以前にも触れていますが、PM1208(左写真の左側2つ)には、前期物と後期物がある様です。写真を見て分かる通り、文字盤のPOLIMASTERと言うメーカー名の上にロゴの有無など、見かけの違いもありますが、機能面での違いの一つに赤外センサの有無があります。
 ちなみに、ロゴが入っている方が新しいモデルです。

Photo 赤外センサはPCとのIR通信用のセンサで、PM1208Mは製造時期に関わらず内蔵されている様ですが、PM1208では後期モデルにのみ付いています。
 暗いところで液晶のバックライトを点灯させると、2つの丸い赤外センサの影が見えます。(左写真、赤丸印内)

Photo  PM1208の後期モデルはPM1208Mと同様に、本体に赤外センサを内蔵し、PC接続モードも持っています。
 文字盤の正面右上にある「液晶表示のバックライトボタン」を長押しすると、PC接続モードになります。実際に使った事はないので、何のためにPC接続モードが用意されているのか不明ですが、設定など何らかのPCを介したコントロールが出来る様子です。

Photo  当然、前期モデルには、その機能はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月25日 (日)

6月からの半年で1mSVを超えた様です

Photo  最近外出時の出番が随分減り、実質待機用マシンになってしまったPM1208Mですが、先日12月中旬に突如アラームが鳴り始め、積算線量が1mSVを超えた事を教えてくれました。

 購入してリセットをかけた5月から、約半年ちょっとで1mSVを超えてしまいました。
 夏以降、日常は基本的に外出時にはPM1208を付けているので、PM1208Mの積算線量は、ほとんど首都圏北東部の自宅内での積算線量になりますが、このままだと年2mSV位になりそうな感じです。

 過去にTerra-Pでも積算線量はみていましたが、原発事故前は年1mSV前後だった記憶もあるので、やはり、たとえ屋内であっても徐々に影響は入ってきているなぁ…と、改めて感じさせられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

ガイガーカウンタ付き腕時計が安くなりました。

 基本的にメインマシンで、常時着用しているPM1208Mですが、最近安くなってきました。
 私が以前購入した時点(2011年6月)では、900$前後で安いと思っていましたが、最近は50000円を切る値段で入手可能な様になりました。
 また、以前はオークションでの購入しか手段はなく、その後代理店が出来ましたが10万超の定価を付けたり、オークションで高値で掴まされたり最悪騙されたり、実際はかなり微妙な買い物でした。理由は当時の正規代理店(MARUBENI UTILITY SERVICES, LTD. (MUS))が、基本的に一般への国内販売をしなかった事にあると思っていますが…。

 しかし現在では、別な代理店も出来たり、並行輸入物も日本のamazonでも購入可能な様で、世の中も落ち着いてきたと思うこの頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)