« No47:蜂の巣。再び… | トップページ | No49:データロガーのデータ »

2006年9月24日 (日)

No48:続床下工事(オーディオラック)

Bf1 前回は照明を設置しましたが、オーディオ用のラックの造作にかかりました。細部のデザイン等のデティールを考えながらの造作なので、なかなか進みませんでした。
 用は形態に宿る…理に適った物は美しい…様々に考えを巡らせますが、やはり経験や知識に欠けているため納得いく造作の形は難しいものでした。重量物を支えるのに十分で簡潔な構造…理想は高いのですが、結局実現出来た自信はありませんでした。ラックの骨格が一応出来たので、機器を移動しました。

Bf2jpg 今後は、多少の化粧を施して完成の予定です。何は兎も角、オーディオ設備の収納が出来て空間が広がり、子供達には好評だった様です。 
 今後の隠し部屋造作は、残されたもう一面の壁とホームシアター設備の設置が残っています。隠し扉の詳細や床の仕上げも未定ですが…。
 
 
 ミニシアターには、DLPプロジェクターを使おうと思っています。液晶プロジェクターも良いのですが、「液晶のシャープ」がプロジェクターに液晶ではなくDLP(極小のミラーを操作して映像を作る形式の部品)しか使っていない事は…考えてしまいます。DLP特有のデメリットも有る様ですが、今の所店頭で見ていても気にならないのでDLPを考えています。
 電動スクリーンも有ると良いのですが、我が家では財務大臣の許可は厳しい様です。

 

後日追記)隠し部屋部分の経過はコチラをご覧ください。 

|

« No47:蜂の巣。再び… | トップページ | No49:データロガーのデータ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

床下工事」カテゴリの記事

ログライフ(生活)」カテゴリの記事

オーディオ・ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No48:続床下工事(オーディオラック):

« No47:蜂の巣。再び… | トップページ | No49:データロガーのデータ »