« No53:スピーカーケーブル | トップページ | No55:プロジェクタースクリーンの設置 »

2006年10月12日 (木)

No54:続オーディオ機器の引っ越し&データロガー設置(Part2)

 床下の隠し部屋のオーディオ機器設置の続きですが、今回の現地入りでは遅れていたレコードプレーヤの設置が終わりました。レコードは以前床下空間の温湿度を計測した時に、床下空間内の床(コンクリートスラブにペンキで塗装)上30cmの部分では予想外に高湿度だった為、不用意に現地床下に置くとレコードがカビる心配もあり、未だに現地には運んでいないので聴くことは出来ません。

St460St432 今回再度、温湿度データロガーを設置し、今度は床下空間内の床上80cmと床上180cmに設置して、外気温との比較と高さ方向の違いを見てみようと思っています。
 また、計測期間も前回2週間の設置では、意外に安定した計測データが少なかった感じもあり、今回は1ヶ月以上の記録を取って見てみたいと思っています。

 現地の床下空間は3週間前よりは湿気を感じなくなりました。外気温が低くなって来たこともあり、床下空間は気温22度前後で湿度60%前後で、除湿器も3週間の自動運転で合計4リットル前後の水量になりました。夏の盛りの2週間で10リットル以上から見れば大幅に減少したことになります。

 この3連休でも現地では最低気温は10度を下回っていましたが、上部ログハウスの居室は暖房しなくても、現時点では日中の日差し程度で終日22度以上の室温を保っていました。それでも、深夜から朝にかけては床下空間が一番暖かい空間になってしまっています。このため、貯蔵していたジャガイモのアンデスは更に芽が出て、今回も一通り芽欠きを行ってきました。温湿度変化の記録を基に、貯蔵空間としての床下の使い方を考えてみる必要がありそうです。

|

« No53:スピーカーケーブル | トップページ | No55:プロジェクタースクリーンの設置 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

床下工事」カテゴリの記事

ログライフ(情報)」カテゴリの記事

オーディオ・ホームシアター」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No54:続オーディオ機器の引っ越し&データロガー設置(Part2):

« No53:スピーカーケーブル | トップページ | No55:プロジェクタースクリーンの設置 »