« No92:温湿度データロガーのデータ | トップページ | ビック外れてしまいました »

2007年5月15日 (火)

No93:温湿度データロガーのデータ(露点温度)

 取得されたデータについてですが、実は我が家の購入した温湿度データロガーのデータには、温度と湿度の他に露点温度がオマケで出力されます。
 基本的に測定しているのは温度と湿度だけで、露点温度は取得されたデータから2次的に計算されて付加されている様子なので、今までは余り気にしていませんでした。基本的に温度と湿度のデータがあれば、計算に必要な情報は足りているからです。
 
Excel1004  ところが、今回ふと湿度管理の為の外気導入として考えている時に「露点温度はその空気の含んでいる水分量で一義的に決まる…」つまりは、露点温度ベースの比較なら、導入後の空気が内部空間の温度になった場合の相対湿度を計算するまでもなく、どちらの空気の水分量が多いのか(つまりは絶対湿度で)比較可能です。
 「どれ位?」については、今までの様に内部空間の温度に換算した方が理解し易い様ですが、単に比較するだけなら露点温度の比較で十分な様子です。
 このグラフで見て見ると、外気の水分量はその時々で大きく変化していますが、とりあえず傾向として床下の空気の水分量が多い事が言えそうです。

Excel1003  参考までに、外気の露点を基準(露点温度から外気の露点温度を除算)にして、各部のデータ上でグラフ化してみました。中央部「緑の線」が外気との露点温度差0の位置になります。
 つまり、このグラフで緑の線より下に露点がある時に、外気を導入すると、基本的には湿気を増加させることになるのでしょう。

 今回は1〜4月のデータなので、外気を導入した方が湿気の減少に貢献する場合が多い様でしたが、今後夏に向けて外気の方が高湿度の場合も多くなって行くものと思われます。
 外気導入と除湿の関係については、現地ロガーデータも現在なお継続して取得中ですので、適宜この場でご報告して行く予定です。

 

|

« No92:温湿度データロガーのデータ | トップページ | ビック外れてしまいました »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

ログライフ(情報)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No93:温湿度データロガーのデータ(露点温度):

« No92:温湿度データロガーのデータ | トップページ | ビック外れてしまいました »