« No184:薪置き場作り | トップページ | ログハウスの再塗装(一抹の不安) »

2008年8月31日 (日)

No185:ログハウスの再塗装(途中経過)

Img_7496  お盆を挟んで中断していた再塗装作業も、お盆開けには塗料が届き工程的には1週間前後の遅れで再開しました。

 塗料は、建築当初に塗装した塗料と同じ「キシラデコール」の115番にしました。同じ型番を選択しても木材の経年劣化で、当初の感覚よりは暗い色になるとの話でした。
 建築当時は、いずれは木材が日に焼けて全体的に濃い色になると予想されたので、キシラデコールの一般的なラインナップの内で最も淡い色を選択していました。
Img_9972 Img_8232 Img_8246  赤みを帯びた朝日に照らされて黄金色に輝く我が家は、個人的には特に気に入っていました。

Img_7495Img_7500 一方デッキ部分は、さすがに黒ズミが出てきていたので、115番よりも濃い色にした方が良いとのアドバイスが有り、デッキ周りと階段など外部で歩行する部分は多少濃い色を選定して塗装してもらう事としました。

|

« No184:薪置き場作り | トップページ | ログハウスの再塗装(一抹の不安) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ログライフ(生活)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No185:ログハウスの再塗装(途中経過):

« No184:薪置き場作り | トップページ | ログハウスの再塗装(一抹の不安) »