« 今週末は…行きませんでした。 | トップページ | No190:薪置き場の改良 »

2008年9月29日 (月)

No189:再塗装…後

Img_8192 Img_8186  今年は竣工後3年でもあったので、夏休み期間を利用して建物の再塗装工事を発注しました。
 発注先が地元の業者だったので、基本的にはそうそう変なことは出来ないと安心はしていましたが、今回塗装を終えてみて建物表面の光沢が、 少し気になる感じでした。

 塗装業者自身は、キシラデコールを丁寧に重ね塗りをすればツヤが出てくると説明していましたが、キシラデコールの説明には「ツヤを出すということは、より厚い塗膜(100ミクロン以上)をつくること…(中略)…その様な仕様ではキシラデコールを塗装する意味合いが薄れてしまいます」の様な記述があり、逆に読めば「キシラデコールの仕上げではツヤは出ない」と読めそうです。

Img_8650_1 Img_9040_1  とりあえず気になったので、昨年の自分自身で行ったデッキ部分の再塗装後の状況含め過去の写真を探してみました。
 左の写真は左側が建築当初で、右側は昨年デッキの再塗装後1〜2週間で撮影したものです。意識して見れば竣工当初の壁も、再塗装後のデッキ部分(一部保護用に4mm合板を敷いてしまっていますが)には光沢が出てはいます。

 何はともかく無事に終わったので、今後は「2度目以降の再塗装は、1回目の再塗装から5年ごと…」と、キシラデコールの標準仕様に従った再塗装を予定して行く必要がありそうです。

Img_8199 Img_8200  ところでデッキの塗装では、塗装業者の提案で建物より僅かに暗い色で塗装した方が、木の痛みも目立たないとの理由で、デッキの床面だけ多少濃いめの色に変えました。

 僅かな色の違いですが、気分的には新週末ログハウス!(外見だけですが…)と、新しい気分で建物を見ることが出来ました。

 意外に効果的な気分転換になった気がします。

|

« 今週末は…行きませんでした。 | トップページ | No190:薪置き場の改良 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: No189:再塗装…後:

« 今週末は…行きませんでした。 | トップページ | No190:薪置き場の改良 »