« 鹿児島&屋久島旅行(日食を見に行きました:その1) | トップページ | 鹿児島&屋久島旅行(屋久島1日目:その3) »

2009年8月 5日 (水)

鹿児島&屋久島旅行(鹿児島市内観光:その2)

第2日目(7/20)
Img_4525 Img_4537  2日目は、宿に朝食をつけなかった事もあり、早朝から散歩と称して子供達と市内観光に出かけました。

 この日も、まずまずの天気で、このまま本番の皆既日食も晴れて欲しいと、宿泊先のある市内中心部から、城山展望台の麓にある照国神社(島津斉彬を祭っている)を目指しました。

 途中、いろいろ寄り道しながらでも、30分程度で照国神社に着きました。

Img_4539 Img_4541 Img_4544 Img_4547  

 

 

 照国神社に関わる話は、4年生の上の娘は多少の理解はした様でしたが、流石に1年生の下の娘には難しすぎた様でした。いずれにしても一昔前の新興住宅街に住んでいる我が家には、郷土の歴史がしっかりとしている街は、とても素敵に思えました。

 照国神社でお参りした後は、遊歩道を通って城山展望台に登りました。

Img_4566  この時点で既に、下の娘は「疲れた」と言って駄々をこね始め、おだてて、なだめて、なんとかどうにか城山の展望台まで登りました。僅か100mちょっとの高さの展望台ですが、鹿児島市街地は勿論、桜島まで展望する事が出来ました。ただ、肝心の桜島は今日も雲に覆われて、噴煙を上げる雄大な景色を見る事は出来ませんでした。

Img_4586 Img_4588  十分休憩を取った後、再び遊歩道を下り、途中で道を変えて「歴史資料センター」の方に出て行きました。

 昨日からの行程で、下の娘が体力的に厳しかったこともあり、市内の観光名所を循環する市営バスを待つ事にしました。

 歴史資料センターの周囲のお堀では、蓮の花が咲いていました。親子共に本物の蓮の花を見るのは初めてでした。

 この後は、バスの1日乗車券を買い、バスで仙巌園(磯庭園)に向かいました。

Img_4599  親の気持ち的には、磯庭園を見学した後、海沿いを歩いて旧道に入り「両棒餅」の老舗など探してみたかったのですが、既に下の娘は限界の様子で、仙巌園に入っても歩く事を拒んだため、そのまま園内の茶店で両棒餅を食べての休憩になってしまいました。

 上の娘はその間、両棒餅屋をベースにして、一人で磯庭園の探検?に出ていました。

 両棒餅を食べても、結局は下の娘が駄々をこね続けたので、まだ昼前でしたが、仕方なく磯庭園で諦めて戻る事にしました。しかし、市内循環バスは30分に1本位で、出たタイミングが悪く暫くバスを待つことになってしまいました。

Img_4614 Img_4609  一方で上の娘は元気だったので、バスを待つ間で資料館を見て来るという話になり、下の娘も負けん気?からか見に行く気になり、一応は資料館も覗いて来る事が出来ました。

 その後、当初の予定では両棒餅の次は「石橋公園」下車して、橋を見て来る予定でしたが、基本的には下の娘の機嫌が直らなかったので、市内中心部のホテルに戻る事になりました。

 このまま下の娘に付き合ってホテルに戻るのも、本音では勿体ないと思っていたら、上の娘が下の娘に色々条件を提案して説得し、水族館の近くのバス停で、バスを下車して水族館に行く事になりました。

Img_4616 降りたバス停から、水族館?と勝手に勘違いして入った建物は、実は桜島に渡るフェリーのターミナルでした。もうすぐ出航とのことなので、せっかくだからフェリーに乗って桜島に渡ってみる事にしました。このフェリーは数隻が交互に運行しているらしく、結構頻繁に出航していました。

Img_4628Img_4630 30分程度の乗船中は歩かなくて済むし、ちょうどお昼時だったので、船の中の蕎麦屋のうどんを食べるのも良いと、当ても無いまま桜島に渡ってみました。

Img_4639 Img_4641  結局桜島に着いても、下の娘が歩きたがらない事は変わらず、本当に何も出来る事が無いまま、フェリー乗り場の売店で土産を買って、再び鹿児島に戻る事にしました。

Img_4642 Img_4645  往復の乗船中、食べて休んだ分、元気が出た娘達は、とりあえずは水族館に行く気になっていました。

 私個人的には「鹿児島まで来て何故?」とも思いましたが、特に他にすることもないので水族館に入館しました。

 連休の最終日だったのですが、鹿児島の水族館は近郊の人達が遊びに来ているのか?旅行者が立ち寄っているのか?何とも分かりませんでしたが、とにかく混んでいました。かつて、良く行っていた鴨川シーワールド等と似た様な混み具合でした。

Img_4654  やはり予想した通り、水族館の見学途中で再び下の娘が限界になり、ぐずり始めてしまいました。水族館を早々に切り上げ、なだめながら水族館の隣のドルフィンポートという港際のショッピングモール?を抜けて、反対側の高速船ターミナルまで、翌日の下見をかねて歩いてから、バスで市内中心部のホテルに戻りました。

Img_4662  ドルフィンポートには、桜島を見ながら入れる足湯がある等の情報もありましたが、確かめている余裕はありませんでした。

 ホテルに戻り、お風呂に入って、おやつを食べて休むと、下の娘の元気も戻って来ました。逆に、市内観光で元気よく一人で動き回っていた上の娘がバテていたので、夕方になってから、下の娘と再び路面電車で鹿児島中央駅に、晩ご飯の買い出しに行きました。

Img_4686 Img_4666 そして今度は、明るい時間帯のシースルーゴンドラに乗ってみると、2回目で慣れたのか?明るい方が怖くないのか?良くわかりませんが、昨日よりゆっくり観覧する事ができました。ただ、肝心の桜島の姿は、相変わらず雲の中でした。

Img_4700  帰りに気づいたのですが、実はシースルーゴンドラの透明なカゴは2個付いていました。6分間隔でカゴが来る割に、1周10分以上かかっていた事に疑問を感じなかったとは、2回目の今日も、本当のところは怖かったのかもしれません。

|

« 鹿児島&屋久島旅行(日食を見に行きました:その1) | トップページ | 鹿児島&屋久島旅行(屋久島1日目:その3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島&屋久島旅行(鹿児島市内観光:その2):

« 鹿児島&屋久島旅行(日食を見に行きました:その1) | トップページ | 鹿児島&屋久島旅行(屋久島1日目:その3) »