« 鹿児島&屋久島旅行(屋久島3日目:その5) | トップページ | 夏休みの始まり »

2009年8月 9日 (日)

鹿児島&屋久島旅行(最終日:その6)

Img_5320 第6日目(7/24)

 最終日は、結局鹿児島からの飛行機が取れなかったので、高速バスで博多に向かい福岡から羽田に戻ることになりました。

 ただ九州を縦断して帰るのも勿体ないので、博多行きの高速バスに筑紫野という降車専用の停留所があり、太宰府天満宮にそう遠くないので娘達に天神様にお参りさせてみようと、早朝のバスで鹿児島を出発しました。

Img_5324 Img_5342  高速バスは、鹿児島空港を経由して熊本を通り、八女、久留米を抜けて、定刻通りの10時過ぎには筑紫野に着きました。
 さすがに帰りの荷物は多かったので、二日市温泉街からタクシーで太宰府の駅まで行きました。
Img_5349 途中から雨が降り始め、とにかく天神様へのお参りをしなくては…と、大きな荷物を持ったまま、子供達を急がせて歩きました。が、荷物の半分でも太宰府駅のコインロッカーにでも、預けておけば良かったと、途中で反省しましたが後の祭りでした。
Img_5350 Img_5352 天神様では茅の輪くぐりが行われていました。東京でも経験はありましたが、太宰府天満宮での茅の輪くぐりなので、子供達にも(親に連れて来られたにしても)何らかの御利益を…と私は思いましたが、当の子供達はどう思っていたのか微妙です。
Img_5361 お参りの後、天神様の参道のお店で梅ヶ枝餅を食べてお昼にしました。
 一服した後は、電車で博多に向かい地下鉄に乗り換えて、14時の飛行機に何とか間に合う事が出来ました。
Img_5375 Img_5376  搭乗ゲートに辿り着いたら、すぐ飛行機への搭乗が始まったので、あと15分寄り道していたら相当慌てるところでした。
 実はこの日の夕方は、九州北部は福岡含めて大雨になった様で、福岡空港も滑走路が冠水するなど、色々大変だった様でした。

 後から振り返れば、皆既日食こそは見れませんでしたが、色々な事を終えて無事に帰って来た事だけでも、感謝しなければ行けない様に思えました。 

Img_5392  蛇足ですが、昨年来のマイブームで今も身の回りの放射能を、個人的に測定し続けていますが、噂に聞いた飛行機内の放射線を今回の飛行機では測定する事が出来ました。さすがに、高高度を飛行する国際線程の放射線量ではないものの福岡→羽田の飛行でも、機内での計測値は日常の地上での計測値の数倍の値を記録していました。でも、だからといって何かあるわけでも無く、飛行機で飛んでいる時の機内の放射線は、そんなものの様です。

|

« 鹿児島&屋久島旅行(屋久島3日目:その5) | トップページ | 夏休みの始まり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島&屋久島旅行(最終日:その6):

« 鹿児島&屋久島旅行(屋久島3日目:その5) | トップページ | 夏休みの始まり »