« ピアンタ購入 | トップページ | 狛むすめ? »

2010年6月21日 (月)

犬用運動ロープの設置

Img_0605

 

 我が家の犬も生後半年を経過し、いよいよ運動量も増えて来ました。
 それまでも、我が家の週末ログハウスに行く時には、流石に自宅で2泊留守番はさせられないので、一緒に連れて来てはいましたが、屋外には時折散歩に連れ出す位の状態でした。

 

 でも、折角の自然なので、我が家の子供達と同じ様に自由にさせてみても良い様に思いました。

 何か自由にさせておけないか?(リードでしっかり繋いでおかないと、すぐに迷い犬になるのは明らかだし…)

Img_0635

Img_0595

 そこで、運動用のロープを張る事にしました。
 起点にだけは支柱を立て、その時々の状況で様々な方向にロープを張れる様にしました。

 費用も安く済ませる為に、工事用のトラロープに滑車を付けて、犬のリードとはカラビナで繋ぐことにしました。

 結果として、自由に走り回れる様にはなりましたが、暫く自由にさせておくと、リードを自分の身体に絡み付けてしまうことが気になりました。
 どうも張ったトラロープと地面の高さが一定ではなく、トラロープの高さが低い部分で弛んだリードを引きずっている間に身体に絡ませている様でした。

Img_0631

 そこで、リードの一部をゴムで引き上げる形にしてみたところ、リードの限界までは力でゴムを引き延ばして行きますが、リードが弛む状況でもゴムの張力で引き戻されて弛まなくなり、リードを身体に絡める事も減りました。

 当面はこの形で遊ばせようと思います。

|

« ピアンタ購入 | トップページ | 狛むすめ? »

ログライフ(生活)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 犬用運動ロープの設置:

« ピアンタ購入 | トップページ | 狛むすめ? »