育児

2006年6月 8日 (木)

いつもありがとうございます

 五月雨的な掲載間隔のブログですが、いつも見に来ていただきありがとうございます。平均で日に5〜6アクセスと亀の歩みのブログですが、セカンドハウスのログハウス生活からの色々を綴っていきたいと思っております。
Yoko 幼い子供達も、都会だけの生活から田舎での遊び方をする様になりました。経済的にはかなり逼迫してしまいましたが、今この時期に自然いっぱいの環境を生活の身近に用意する事が出来て目的が一部実現しつつある様です。

 今週末も久しぶりに現地に行く予定です。草刈り、床下工事、竹林の整理…課題(遊びのネタ)山積みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

No21:竹馬

Takebayashi 裏の竹林は雨後のタケノコ…で、気付かない内に結構増えています。最初は気にして朝起きたら鍬を持って出かけて、タケノコを採っていましたが、最近は多少面倒になり「マメに掘ってもすぐ出てくるのだから…」と、大きくして竹として使ってみようと思う様になりました。どうせタケノコを沢山採って来て茹でても家族はあまり食べてない様子だし…。

Takeuma そんな訳で、竹馬を作ってみました。ただ…、少し高すぎたのか我が家の子供達には不評でした。見ていない時には、振り回して遊んでいる様子です。迷惑&危ない。ちょっと失敗だったかも。

 次の使い道を考えてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

No24:畑の恵み1

Jyaga 春先に植えたジャガイモも、収穫まで後残すところ数週間になりました。良く言って無農薬&有機肥料、実際は春先に牛糞を鋤き込んで後はそのまま成り行き任せのジャガイモでしたが、それなりには育った様です。
 子供達も葉につく虫取りに頑張っていましたが、月1〜2回の手入れでは残念ながら追いつかなかった様です。葉を殆ど虫に食べられてしまった株が数株有ったので、ちょっと早いジャガイモ掘りをしました。

Ninnjinn また、後から植えた人参も予想外に育ち多少間引く必要も有ったので、こちらもちょっと早い収穫してみました。

Shkk ジャガイモも人参もお互いにちょっと時期の早い収穫でしたが、それなりに畑の恵みを実感する事が出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

No27:写真家誕生?

Came 我が家でも写真での記録は今に始まった事ではないのですが、今回建築工事とその後の様子など、記録として写真に納める事が随分多くなっていました。そんな中で子供も写真に興味を持ち初めて(成長の時期的なものもあるとは思いますが)結構面白い写真も撮る様にはなってきました。半分親バカ的な評価は別にしても、写真の題材を通してでも都会では触れられない何かを受け取ってもらえればと思っています。

↓この時子供が撮った写真

  Hana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

No28:雨

Asa0716 先の連休では初日が晴れたものの、2日目以降が雨でした。2日目の朝玄関を出ると、正面に見える市街地の方に雲が低くかかっていたので、近い内に雨かな…なんて思っていました。
 その後ほどなくして降り始めた雨は素人ながら気になる感じでした。裏に流れる小川(といっても2級河川)の音よりも激しい感じ…。床下造作よりも表の雨が気になり、急遽雨合羽がないのでゴミ袋の上にビニールを被って、表の排水対策を始めました。

 
Ame0717 もともと、傾斜地を造成した敷地なので、傾斜面まで水を導けば後は勝手に流れて行くのですが、敷地周囲の土留め工事で作った擁壁や裏の河川側の土手が水分を余計に含むとトラブルを起こさないか気になります。

 
Ame22 降り始めた日の午後には水が溜まる状態になり(地面が十分に水を含んだということ?)水溜まりも拡大していくので、急いで雨具を買いに行き降りしきる雨の中、鍬とスコップで応急の水の通り道を作りました。

 
Ame07172 降雨2日目では川の土手の近くでは、地面の柔らかい感じがする場所も見受けられる様になってしまいました。建物自体はベタ基礎の底盤を地面に1m以上潜らせているので、仮に土手が崩壊しても即座に影響受けるとも思えないのですが、決して良い事ではありません。
 今回の件では床下工事よりも先に、敷地の排水対策を行う必要が有る様に思われました。

 一方で、子供達は降り続く雨の中、プールに入ったり大人の水遊び(排水作業を川を作って遊んでいると思っている)を手伝ったり?畑の牛蒡の葉を傘にして遊んでいたり、それなりに田舎の環境を楽しんでいた様ですが、帰京して熱を出し学校を休むことになりました。建物や敷地だけでなく、こっち方の管理にも手は行き届いていない様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月19日 (土)

No34:テラスの天幕

 今回は長期滞在でしたが、子供の遊びにも多少は気を使わないと家族に「床下で遊んでばっかり」と言われ兼ねない?ので、テラスのプール遊び用に購入した天幕を設置しました。

T やはり現地は基本的に山間部なので、天候によってはかなりの強風も吹く事が有り、すぐに撤収出来る物が選択の基準でした。
 図面上では4m四方のテラスだったので、3m四方の天幕でも設置出来るとは思いましたが、余裕を持って2.5m四方のサイズの物にしました。とりあえず子供のプールには日陰を作れました。

 まぁ。こんな物ですかね…。一応テラスがウッドデッキなので天幕のアルミの柱の足元には木の台を挟んでおきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

No44:栗拾い

Aki 2週間ぶりの週末ログライフでしたが、現地はすっかり秋でした。個人的な興味(床下工事データロガー)の結果は後日お伝えするとして、秋の収穫の一部、敷地内の栗について。

 敷地内の栗の古木は昨年の強風でメインの幹が折れ、残った部分も痛み(虫の穴や腐れ)が結構進んでいて、今年を含め近い内に枯れないか心配していました。

Kl0 今回も台風の直撃の予想もありましたが、とりあえず今年は今まで何とか保っていて、そろそろ栗の収穫の時期を迎えました。
 この連休では、到着し栗が落ちている事を見つけ、いよいよ雑草も伸びていて良い機会なので、まずは草刈り機で栗の木の下を含めて草刈りをしました。
 
Kuli1_1Kuli2_1 我が家の栗の古木は斜面に生えているので、拾う時には足場が悪く注意が必要です。当然下草刈りも結構作業に手間がかかります。
 初日の草刈りを行う前は、親も一緒で20個位しか見つかりませんでしたが、草刈り後は収穫量が増え(子供達が拾い慣れていたのか時期の影響もあるのか不明)翌日は30個以上、翌々日には40個以上の収穫が出来ました。

Kuli4 子供達も、栗のイガの剥き方も慣れた様で、軍手や親の手を気にしていた去年よりも随分と手がかからなくなりました。
 次回は2週間後の予定なので、今年の栗拾いは今回で終わりの様です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

No51:冬の気配

Aki0_1 3週間ぶりの現地入りでしたが、初日が子供の運動会を終えてからの移動だったので、現地に着いたのは連休2日目に入ってからでした。高速の出口を夜の12時過ぎてから通過して深夜割引を使いました。流石に250kmもあると割引の効果は大きいです。
 

Aki_1Kuli 現地は十分に秋の気配?ですが、紅葉は例年今月の終わりの頃から始まる様です。畑も来月には霜が降りて、12月には表土が凍り始めます。畑の里芋や人参、かぼちゃ等も次回の現地入りが来月になりそうなので今回収穫しました。
 

Asa_1 子供は学校の宿題が「秋を見つける」でしたが、我が家の栗は既にピークが過ぎていて十数個、ドングリが少し、コスモスの花などを収集していました。
 子供の印象自体は、近所の山の中の散歩道(「今年は熊が多く見かけられる」との注意書きを子供が気にして、散歩自体は途中で中止になってしまいました)の落ち葉を踏みながら歩いた時間に秋を感じられた様で、一番秋を感じられた「近所の散歩道」を、東京の学校まで宿題で持っていけないのが残念だったとのことでした。
 

【自動更新】アトリエカタログ234*60

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

No60:初冬

20042005 久しぶりの現地は紅葉も終わり、すっかり冬の装いになっていました。薪ストーブも欠かせなくなりました。
 といっても、薪ストーブでの暖房は2泊3日の行程では、後半(殆ど終わり)になる頃になってログハウスも暖まり初めて、快適な環境になる頃は帰らなくてはならない感じです。

 ログハウスや薪ストーブでの生活の時間は、都会での時間より長くゆったり進んでいる様に感じます。

 

2001 そろそろ竣工1年になりますが、子供達も自由に遊ぶ様になってきました。週末ログハウスの僅かな時間であっても、成長の過程の中で都会では得られない何かを見つける or 感じてくれれば…と思います。(自分がどちらかと言えば都会で育った分、そう思うのかもしれない…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

No62:収穫

7001 いよいよ寒くなり畑も表土が凍る時期になりました。そこで、畑に残っていた人参と大根を収穫しました。

  
  
  

60012006 人参は流石に時期が遅く、割れたり固くなってしまった感じですが、無農薬の有機野菜(単に肥やしをくべて放っておいただけですが)なのでちょっと味がある感じ(そう子供達に言い聞かせている)です。
 大根は収穫にちょうどいい感じで、大きいのと小さいのを料理に使い、中程度のはタクアン漬けにして長く楽しむ予定です。
1001 白菜は、今年は今のところ暖冬のためか?結球していない株が多く、今回は自宅に持ち帰る分だけの収穫になりました。残りは畑にそのままにしましたが、凍るといけないので紐で葉を集めて縛り無理矢理?球の形にしておきました。
 次回現地入りの年末までもってくれるといいのですが。どうなる事やら天気次第です。 

 

3000230001 子供達も昨年より少し成長し、今回の収穫では一緒に手伝う様になりました。と言っても殆ど戦力にはなりませんが、褒めて煽てて??来年は本当の意味で手伝ってもらえればと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧