オーディオ・ホームシアター

2006年8月21日 (月)

No36:続床下工事(隠し部屋の壁)

 以前に隠し部屋の壁は一部施工してきましたが、今回の休暇では隠し部屋の壁の最大部分とオーディオの設置場所を作ると言う目標が有りました。
 何よりも今回は、東京の自宅でのオーディオセットが家族との撤去期限を過ぎていた事も有り、とりあえず東京から現地に重た〜いオーディオセットの引っ越しをしました。このため、現地に運び込んだオーディオ機器の置き場を、早急に設ける必要に迫られていたのでした。

B1 また、オーディオの設置を考えている隠し部屋の予定部分は、建築時に集めた端材の収納庫にもなっていたので、早く端材を使い切って本来の空間としての用途に使える様にする必要が有りました。その為には、材料を多く使う壁部分を優先的に仕上げる必要が有りました。
 この大きな壁にはオーディオは兎も角、将来的にはプロジェクター用のロールスクリーンを設置する予定です。そのスクリーンの両脇にスピーカーを設置してミニシアターができれば理想です。

 
B2 今回の部分は下地が柔らかい断熱材の発泡材(基礎の内断熱形式の為)で覆われているので、上部を1階の床根太に固定する形で壁の骨組みを設けました。勿論スピーカ配線用の配管も予め設けてあります。壁には付き物のコンセントは、この部屋の大きさでは他の場所から配線を廻してきても支障無いので、この壁自体にはコンセントは付けない事にしました。

 
B3 そして、この枠材に壁の板材を取付けて行くのですが、壁内に不用意に空間を設けると結露→カビ発生の心配が有るので、今回は断熱材を隙間に挟む事としました。取付ける壁材と基礎の断熱材との隙間は3cmだったので、近所のホームセンターで購入した5cm厚のグラスウールを貼付けました。グラスウールは45cm幅で長さは勝手に182cm前後と思い込んで必要数量を見込んで購入してきましたが、実際には長さが150cm弱しか無く継ぎ足して貼付け何とか足りなくなった両端部分を残して全て貼る事が出来ました。足りなくなった両端部分には発泡材の断熱材を取付けました。

 
B4 壁材を最上部まで取付けた状態です。右奥のオーディオ機器置き場の部分は、4mm厚の合板を黒く塗装して基礎断熱の断熱材上に押し付けてあります。今後は棚等の施工後に正式に固定するつもりです。

 

後日追記)隠し部屋部分の経過はコチラをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

No37:オーディオの引っ越し

 前回の記事でも触れましたが、今回の現地入りでは東京の自宅にあったオーディオセットを持って行きました。諸般の事情(要は家が狭い)から学生時代からの趣味であったオーディオ機器を遥々300km移動させました。尤もここ十数年は自分一人の趣味なので遠慮もあり、自由に聞く時間もそう多くはありませんでした。逆に、週末のログハウスの方が、夜のひと時を自分の時間として自由に楽しむ機会が多い様に思え、今後の週末を期待しています。

 そんな時間を夢みて?移転に向けて鋭意造作工事を進めてきました。ところが…、当初の予定を遥かに遅れて造作工事の開始から半年以上経過した今なお?造作工事の途中です。
 原因は…、単に造作工事の作業量の見誤り(←素人がそんなに簡単に内装工事なんて出来る訳が無い。スライド丸鋸の購入で格段に作業精度とスピードは向上しましたが、技術や経験の無い分は時間で補って行くしかない)でしたが、理由はどうであれ今回はとにかくオーディオの設置予定場所である床下空間の整備を急がなくてはならなくなりました。
A1_1 とりあえず、床下が設置の最低限の環境が出来るまで1階の居間に仮置かさせてもらいました(←家族は理解が無く…たった数日の設置にも顰蹙を買っていた…)が、ログハウスの中の響きの良さと外部への音漏れの少なさには、僅かの期間の使用期間ではありましたが、その優れた性能を実感させられました。

 さて、肝心の床下造作工事は、子供の世話や家事をして落ち着く昼過ぎから、夕方までの数時間と子供を寝かせてからの数時間を活用(夜の為、音の出ない作業←計測や塗装等)して行い、今回の現地滞在期間中に最低限度の塗装と清掃を終える事が出来ました。

A2_1 オーディオ機器用の棚までは作り込めませんでしたが、最終日の晩には何とかオーディオ設備の床下への引っ越しまで終えました。オーディオ機器用の棚までは造作できなかったので当面は床置きですが…。  ソファー等は勿論無く野外活動用の折りたたみ椅子を持ち込むといった状態でしたが、今回の長期滞在を締めくくる楽しいひと時を過ごす事が出来ました。

 今後現地では、夜のひと時を静かに楽しめる場所が出来て、忘れていた個人としてのプライベート(家族の中であっても)を取り戻す事が出来そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

No48:続床下工事(オーディオラック)

Bf1 前回は照明を設置しましたが、オーディオ用のラックの造作にかかりました。細部のデザイン等のデティールを考えながらの造作なので、なかなか進みませんでした。
 用は形態に宿る…理に適った物は美しい…様々に考えを巡らせますが、やはり経験や知識に欠けているため納得いく造作の形は難しいものでした。重量物を支えるのに十分で簡潔な構造…理想は高いのですが、結局実現出来た自信はありませんでした。ラックの骨格が一応出来たので、機器を移動しました。

Bf2jpg 今後は、多少の化粧を施して完成の予定です。何は兎も角、オーディオ設備の収納が出来て空間が広がり、子供達には好評だった様です。 
 今後の隠し部屋造作は、残されたもう一面の壁とホームシアター設備の設置が残っています。隠し扉の詳細や床の仕上げも未定ですが…。
 
 
 ミニシアターには、DLPプロジェクターを使おうと思っています。液晶プロジェクターも良いのですが、「液晶のシャープ」がプロジェクターに液晶ではなくDLP(極小のミラーを操作して映像を作る形式の部品)しか使っていない事は…考えてしまいます。DLP特有のデメリットも有る様ですが、今の所店頭で見ていても気にならないのでDLPを考えています。
 電動スクリーンも有ると良いのですが、我が家では財務大臣の許可は厳しい様です。

 

後日追記)隠し部屋部分の経過はコチラをご覧ください。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

No53:スピーカーケーブル

 先日のオーディオセッティング時にスピーカケーブルの延長が長くなってしまいました。本当は音質優先に考えてスピーカケーブルの長さは短くするのが筋でしたが、今回はミニシアター化したいと考えていることやアンプがオーディオラックの高い位置になり、スピーカケーブルをそのまま転がしていて接続すると子供が引っぱる?心配もあったので壁面内にスピーカケーブル用の配管を設けてみました。
Cbl2 立ち上がり2m、壁からの余長1m、アンプまでの横方向に3.5m、アンプ周囲の取り廻しに0.5mと長い方で7mが最低必要でした。片チャンネルだけ長くするのはオーディオの世界ではNG(音の左右での違いを生むと言う)なので、短い方も長い方に合わせる(この点では、スピーカの中央にアンプを置くのが最も合理的)と合計で最低14mは必要になります。ミニシアターではスクリーンがメインなので、スピーカの移動の余裕も必要かもしれないので各チャンネル1m余計にみて8mずつ購入する事にしました。

 オーディオの世界も十数年前から様変わりしていた様で、当時の高級オーディオの世界は現在ではピュアオーディオと呼ばれている様です。

Cbl1 さて、そのピュアオーディオの世界では昔も今も値段は青天井なので、性能から物が決まるよりは支払える金額で物が決まるといった感じです。
 今回はスピーカケーブルの更新ですが、現在使っていた日立電線のLC-OFCの4芯より線相当(十数年前の学生時分の購買力で揃えた物なので3000円/m程度だったか?)の物で選ぶと思っていたのですが、銅線ならば6Nや7N(純度を示す%の9の数…6Nなら銅99.9999%の意)、芯の数は4以上が欲しくなり迷い(その程度を購入する予算ではそれなりに選択の幅が出る為)ました。
 しかし、結局知人の勧めでOrtfonにメーカーが決まり、合計で16mもあったので買える範囲でという事で銀線の2400円/m(アフィリエイトプログラム・リンクシェアでお世話になっているJoshinweb(オーディオ・ビジュアル)さんで購入)に決まりました。
 芯数は今回引き廻しが各chごとに8mと長いので、14芯/本のケーブルにしてみました。音信号の周波数に対する抵抗や静電容量などの配慮から芯線の太さを様々に変化させた7組の対線が1本のケーブルに入っています。
 取り替えてみて、最初のインプレッションは透明感が増した感じ…がしました。全体的にはスッキリした感じで個人的には良い意味で値段相応には思え、製品自体のコストプォーマンスは十分でした。ただ…、芯線が7組も入っているとステレオの2本分ですら両端含めて合計56本の芯線の皮むきをすることになり、休憩含めて1時間以上の作業時間がかかりました。趣味の世界の話なので、基本的に苦労は厭わないのですが…正直、多少…面倒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

No54:続オーディオ機器の引っ越し&データロガー設置(Part2)

 床下の隠し部屋のオーディオ機器設置の続きですが、今回の現地入りでは遅れていたレコードプレーヤの設置が終わりました。レコードは以前床下空間の温湿度を計測した時に、床下空間内の床(コンクリートスラブにペンキで塗装)上30cmの部分では予想外に高湿度だった為、不用意に現地床下に置くとレコードがカビる心配もあり、未だに現地には運んでいないので聴くことは出来ません。

St460St432 今回再度、温湿度データロガーを設置し、今度は床下空間内の床上80cmと床上180cmに設置して、外気温との比較と高さ方向の違いを見てみようと思っています。
 また、計測期間も前回2週間の設置では、意外に安定した計測データが少なかった感じもあり、今回は1ヶ月以上の記録を取って見てみたいと思っています。

 現地の床下空間は3週間前よりは湿気を感じなくなりました。外気温が低くなって来たこともあり、床下空間は気温22度前後で湿度60%前後で、除湿器も3週間の自動運転で合計4リットル前後の水量になりました。夏の盛りの2週間で10リットル以上から見れば大幅に減少したことになります。

 この3連休でも現地では最低気温は10度を下回っていましたが、上部ログハウスの居室は暖房しなくても、現時点では日中の日差し程度で終日22度以上の室温を保っていました。それでも、深夜から朝にかけては床下空間が一番暖かい空間になってしまっています。このため、貯蔵していたジャガイモのアンデスは更に芽が出て、今回も一通り芽欠きを行ってきました。温湿度変化の記録を基に、貯蔵空間としての床下の使い方を考えてみる必要がありそうです。

続きを読む "No54:続オーディオ機器の引っ越し&データロガー設置(Part2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

No55:プロジェクタースクリーンの設置

 先日プロジェクタースクリーンの選定(家計とは別の単独会計予算で最近かなり逼迫している為、購入に関して厳選?しているつもり)でインターネット検索すると、100インチの電動スクリーンで範囲を絞る場合には、安いのはナビオ で6万円台(化粧ケースなし?らしい。ケース付き は7万円台)から始まり、8万円台でキクチの輸入商品?のグランヴュー シリーズが見受けられ、10万円超過では、IZUMIのIS-Eやキクチ自身のStylist-e 、20万円前後ではオーエスという会社の製品が出てくる様でした。勿論、舶来品等の有名メーカーは30〜40万以上の価格帯で存在しますが、我が家の場合は基本的に床下空間ですので程々の性能で十分の筈です。

 色々なHPを見ていたのですが、関西の逸品館さんで扱っているオーエスの電動100インチ(ピュアマット2を使用)が個人的には、性能価格ともに最良の選択に思えました。しかし、逸品館の通販ではカードが使えず、一括で10万前後を支払う能力がない(情けない…)ので諦めざるを得ませんでした。
 
 何とか年末までにはミニシアターに作り込みたいので再び探していると、先日スピーカケーブルでお世話になった上新電機 さんで普通は10万円を超過するIZUMIのIS-Eが2台限定で8万円台で掲載されていました。価格コムにもない値段(10/11時点)でカード可!…。しばらく熟慮の後に注文(10/12までは残1台だった。10/13追記:今度は9万円台で出ています。数量限定で多少値上げ?ですが100インチ電動で10万円を切る値段←同日の価格コムでも最低価格で11万円台!や、ポイント還元もあるので総合的に考えると良い買物に思います)してしまいました。3日前の注文でしたが、指定日朝にはちゃんと(我が家の場合300km彼方に出向いての受け取りなので、受取日がズレルと辛い)届きました。

Scr0Scr1 早速取付け…。内容的には2m以内にコンセントがあれば(当然、無ければ延長コードでOK)電気工事の資格がなくとも取付け可能です。単独作業で付けましたが、標準的な天井高さの場合には2人で作業しないと難しいと思います。
 

Scr2Scr3 早速インプレッションと行きたかったのですが、プロジェクター自体を購入していないので、来月以降にお預けになりました。まだ子供達には秘密です。
 
 
 
注意)ナビオは天井取付と壁取付では製品の型番が違います。ご注意ください。 

後日追記)隠し部屋部分の経過はコチラをご覧ください。 

後日追記2)上新電機さんのアフィリエイトスポンサー終了に伴い記事を見直していたのですが、メーカー及び価格等リンク切れを多く見つけたので、リンク切れ部分に付いては表示を太字に替えしリンクを削除しました。  


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

今週末も…行けませんでした

 この所、週末に学校や保育園の行事が重なったことと、今までに最終日遅く帰って来て翌日に子供が熱出す事が2回程有ったので明るい時間での帰宅を考えると一泊二日では余裕無い事も有り、週末ログハウスはオアズケになってしまいました。
 その辺の事情を理解していない子供達は、「山の家(我が家での呼び方)に行けないなら遊園地に行きたい!どっちも駄目なんて意地悪〜」と気楽な発言をしていますが…親としても(遊園地は別として)本当は行きたいのだけれど、分かってもらえるはずも有りません。
 その内に、この子達が一泊二日のトンボ帰りでも体力的に支障無くなる頃になればとも思うのですが、今度は逆に子供達自身の用事が忙しくなっているかも。

 さて、週末ログハウスは、来週が三連休なので久しぶりの現地入りになる予定です。紅葉の季節(本当はこの週末辺りがピークに思う)なので、高速道路の渋滞はかなり伸びる物と思われるので、多分前日の深夜現地入りして、最終日は午前中現地発(渋滞箇所を昼前に通過)にしないといけない様です。


追)昨日ちょっと暇を見つけて秋葉原のAVACに行ってみました。現在床下の隠し部屋に設けるホームシアター用のプロジェクターを検討中ですが、昨日辺りに噂の三菱の新型が見れるかな?と思ったからでした。
 ところが、AVACの店舗は今月の中旬に引っ越しをしていました。引っ越し先は何とフリージアホームの本社の道路挟んだ反対側でした。
 何かと縁がある感じです。昨年の建築中…何回となく打ち合わせに通った建物(普通のビルとは、ちょっと外観が変わっている)なので懐かしく見ていました。見学会に向かう?観光バスが止まっていた様ですが、今後もしっかりと良いログハウスを作って欲しいと思います。

 AVACでは、目当てのプロジェクターは「本日の便で到着予定…」と言っていたので、昼近くまで待ちましたが、結局間に合いませんでした。
 新型は大方の予想では35万円を超える値段がつく見込みなので、流石に小遣いでは厳しく、今回我が家への導入は諦め気味(ひとスペックダウンしたモデルで10万円強を狙うのが現実的かな)ですが、フルスペックハイビジョン対応のプロジェクターなので半年前なら100万円以上はしていた内容です。一目見ておきたかったです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

アフィリエイトのお礼から

 今月も明日で終わりですが、先月以来少し力を入れているアフィリエイトについて、今月も当ブログのバナー経由でお買い物をして頂いた方がいらっしゃいました。

 本当にありがとうございます。この場を借りてお礼申し上げます。
(バナー表示の負担から表示が重くなる件については、追々改善していきたいと思っております。暫くお時間をください)

 さて、Googleイメージの件については、いろいろご意見を頂き個人的には納得していない物の、半分諦める気持ちにはなりました。勿論、引用元ページの主旨の異なる掲載を避けるため、画像のファイル名については十分に注意を払う(今のところ、無意味な連番か?)考えではいます。
 実際の画像の新規掲載は、次の連休の「遊び」の記事からになると思います。

 話し変わって、床下のホームシアター用のプロジェクターについてですが、一昨日昼頃まで待ったMITSUBISHIの新製品(フルスペックハイビジョンプロジェクタ)の入荷は、少なくとも関東近辺では満足には行われなかった様です。
 価格コムのクチコミでは、今回も含めた再三の発売延期に「うそつき」との表題の書き込みまでされていました。同クチコミによると、関西方面では一部出荷されている様子で、価格は一部で30万円台の前半まで落ちている様子。来年の今頃には20万円を切ってくるかもしれません。でも、待ちきれない…。電動スクリーンを先に付けたのは順番を間違えたかもしれません。

 またまた話変わって、直接のお問い合わせ用にメアドを公開する事にしました。当ブログのプロフィールに.macのサブアド?を載せましたので、お問い合わせがありましたらご利用ください。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

No58:DLPプロジェクタ

 結局DLPプロジェクタを購入しました。流石に電動100インチスクリーンを使って影絵で遊んでいても…勿体なく思い…今とりあえず購入出来る範囲でとの条件からMITSUBISHIのハイビジョン対応品(といっても720Pでフルスペックではない)にしました。11万円強…今回は分割払いになってしまいました。

06110901 さて、インプレッションは「予想外に満足」でした。
←左の写真では(実際の映画の上映中にすると無断使用になりそうなので)自分の撮影したデジカメの写真を投影しています。(デジカメの写真の場合、我が家の機種では縦横比が2:3の画像のためプロジェクタの9:16では横方向両端の一部が使われていません)

 「予想外」を付けた理由は、当初フルスペックハイビジョンではないので、もうすぐ値崩れ予想(既に崩れている?)の製品群からの購入したからで、1080iではなく720P物との引け目がありました。

 しかし実際のところ我が家では、地デジはエリア外で受信出来ず&パラボラを付けていないので衛星放送も無理な為、480P相当のDVD等を上回る画質のメディアを持っていませんでした。
 このプロジェクタを買うまでは、最近発売されたフルスペック物のプロジェクタ(約35万前後)にするか?いろいろ悩んでいましたが、実際には見る物自体を持っていなかったのです。このため、とりあえずDVDの480Pをアップコンバートして720Pで表示して見ているのですが、この場合は無理無理1080iにアップコンバートしたって元が元なので表示に大差はない様です。
 結局、我が家の今持っている機材の範囲では、720P程度の表示能力でも支障は無かった様でした。でも、この程度の表示であっても一年前なら30万以上はしていたはずです…。来年の今頃にはフルスペックハイビジョンが、相当安くなっているかもしれません。

 暇を見つけては、色々とDVDやコンピュータからのaviファイル等の映像を見ましたが、基本的にネイティブの1080iを見た事がない私には、最先端との比較の基準も無く、ただ見て…ただ素直に「予想外に綺麗」と思ったのが正直なところでした。

 折角の現地滞在中だったのに、床下工事を忘れて映画を見続けて…。工事は暫く中断見込みです。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

一部ジャンル分けについて

 最近何となく思っていた事なのですが、当ブログを改めて眺めた時に当初の「週末ログハウスでのあれこれ〜」が、変化して「週末床下での〜」に近い様に感じ、確かにログハウスと言う未完成を何か許容する建物(DIYでの造作が不自然でない)に関する記事ではあるものの、床下の半地下造作自体はログ構造の建物と直接の関係は余りないと思う様になりました。

 そこで今回、当ブログを本来の週末ログハウスに戻すため、このブログには一般的な記事を掲載し、我がログハウスでの特殊事情である床下造作関連は別ブログに分離する事にしました。

 1)床下造作(電気工事は床下空間に限る)
 2)オーディオ・ミニシアター
 3)隠し部屋
 4)床下環境(温度・湿度など)

 以上のカテゴリーの記事については、新ブログ「お父さんの隠し部屋」を立ち上げ、こちらの方に掲載していく事にしました。

 個人での双方平行しての記事作成なので、各ブログの更新自体は頻度が落ちるとは思いますが、鋭意情報の発信(趣味レベルですが)して行きたいと思います。
 どうぞ今後とも、両ブログともに宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)