正直、木材が足りなかったのですが、端材を寄せ集めてスイッチ部分に至る配線をメンテ出来る様な形に仕上げて終わりました。原因は、計画性がなかったからです。

 しかし、こんな調子でも、一応一通り終わると感慨深いものがあります。
 苦節?1年ちょっと往復に数千km通ってやっと完成…実際はそんな事も無く、お父さん本人としては至って遊んでいますが。

 もう1回作れば、もっと綺麗に上手に作ると思える点は残念。