流石に素人工作で、隠し扉設置数ヶ月で開閉が渋くなって来ました。
 当初から、扉の開閉に伴いクリアランスをギリギリにしてある(ヒンジを用いた回転による動きのため、開閉には棚の対角線の長さが必要になるが、扉としては扉の幅より広くすればする分だけ、脇に隙間が出来てしまう)ので、重量に因る変形は開閉の渋さに直結してしまいます。
 このため、基本的に多くの時間を閉じている事を考慮し、閉じた状態でキャスターに載る様にしました。許容重量からキャスターは2個必要になりました。