建築時の残材も殆ど底をつき、この本棚の最後の部分で14.5cm幅の木も全てなくなりました。
 まだ、バーカウンタや仕上げ含めた細部の詰めが残っていますが、造作工事も終わりが見えて来た感じです。