ワインの樽は、樽から少しづつ出して飲む物ではなく、樽を開栓したら一気に空けてしまう必要がある様で、我が家の空き容器を総動員して樽を空けました。入り切らない分はその場で飲んで…。紙パックやペットボトルに入れた分は早く飲む必要もあり、酩酊状態の正月でした。

 やっと手に入ったオーク樽は、水洗い→影干し→ブランデーで内部を濯いで(勿論、濯いだブランデーは飲んだ)、ブランデー熟成遊びが始まりました。