グラスウールの断熱材は、製品に依っては裏表があるので注意します。(防湿シートの位置で裏表が決まるのでしょう)
 発泡材系とグラスウール系と使い分ける必要はありませんでしたが、入手し易い数量の関係で混在する事になってしまいました。