隠し部屋の本棚の両サイドの壁には支えの木を取付けて、各ベンチがずれない様に支えています。棚の前後に支えを付けているのは、棚の奥側にも隙間を設けて通気を確保したいと、考えたからです。
 棚背面の壁は、内断熱の断熱材が間に入っているとは言え外気に面する壁なので、結露やカビの発生が懸念される為、通気用の空間を設けました。今後は状況を見て、場合に依っては空気の循環等の対策(タイマーで扇風機を回す?)なども考えるつもりです。