フローリングには実がついていて噛み合わせられるのですが、実だけで2枚のスノコの動きを押さえるのも心配だったので、実部分に集中して載っても多少は大丈夫な様にスノコの脚を相互に組み合わせる様にしました。
 コンクリートの凸凹吸収には不利ですが、スノコ間の相互の拘束を高める意味で設けてみました。相互に5cm前後差し込み合う形状(合計で10cmラップする)にしています。