フローリング材の断熱と、荷重によるタワミに対して支えるため、脚と脚の間に発泡スチロールを貼付けました。ズレなければいい程度なので両面テープで留めてあります。

 後から思うのですが、脚をいい加減につけたので、感覚が平行ではなく微妙にズレていました。このズレは発泡スチロールのカットの時に手間になります。脚は平行を注意して取付けた方が相当に楽だった様に思います。(妙な端切れも多く出来て無駄だった)