さらに内部の壁造作を進めた時点です。保管庫予定部分の開口(後日扉を設置)を残して壁で区分しました。画像は保管庫予定部分の内部から撮影。

 開口部の向こう側が共用部分の廊下。廊下の向いの壁裏側が将来の作業場予定部分になります。左奥の電球より奥は土間としてコンクリートのタタキを残して、薪や長靴、農機具など取り敢えず置ける場所とする予定。