« DLPプロジェクタの設置(追加説明) | トップページ | 床材の選択について »

2006年11月22日 (水)

電動スクリーンとプロジェクタの連動

 我が家ではMITSUBISHIのDLPプロジェクタを購入しましたが、プロジェクタの背面に付いているトリガー端子の活用が気になっていました。と言うのも、折角電動スクリーンを取り付けたのですから、プロジェクタのスイッチを入れるとスクリーンが降りて(この時点で「スクリーンが音もなく静かに」と言えない点は既に多少失敗気味ですが。←電動スクリーンの動作音気になる事もあります。スクリーン選びではご注意を)来て…と夢は膨らみます。
 実際機器裏のトリガー端子は、12Vが動作中は出力される様なので(取り出せる電力に限界はありますが)何等かの手当をしてリレーでも間に挟めば、電動スクリーンのコントロールに使えそうです。電動スクリーン側は我が家のタイプでは、固定スイッチがオプションで弱電の操作系統になっている事や、仮に固定スイッチの系統に寄生出来なくても、現在使っているスクリーンのリモコンのスイッチ接点に寄生すれば連動可能(勿論メーカー保証の修理は受けられなくなりますが)な様に思われました。

 とは言っても…、こんな程度の考えは既に誰かが考えているはずですし、もしかしたら製品自体が出ているかもしれません。そう考えて、改造?を始めてしまう前に探してみました。
 しかし、スクリーンメーカに聞いても「探してお返事します」の回答の後、1週間経っても返事は来ませんし、プロジェクタ側では「オプションはありません」とキッパリした返事…「トリガー端子なんて、使いようもない物付けてるの??」との疑問も出ましたが、その程度の事を解決出来ない人に伝える情報もないと判断されたのかもしれません。何れにしても、トリガー端子の活用法は見いだせないまま、どうしたものかと思案の日々でした。

 そして「困った時の専門家」と個人的には途方に暮れて、秋葉原のAVACさんにお邪魔させてもらいました。我が家のログハウスでお世話になったフリージアの本社前にあり(何か縁がある?)、本格的なオーディオやシアターのお手本が多数展示されています。(←話題のMITSUBISHIと松下のフルスペックハイビジョンプロジェクタも120インチスクリーンで比較出来ます。やはりフルスペック…いいですね)
 すると、何とAVACさんではプライベートシアターの構築(インストールと言っていた様な?)時にトリガー端子は使わないと言う事でした。では連動を諦めるか?と言うと、そうでもなくリモコンを使うと言うのです。

 プログラマブルリモコン…学習機能付きリモコンの発展形です。今迄、存在は知っていましたが、リモコン機器が多くなり過ぎた人が購入して1台で全部コントロールする程度に思っていました。ですが、最近の優れものは1回の操作で複数の機器に一連の信号を順に送れる様なのです。
 確かに、複数機器のコントロール信号を学習しているのですから、順に送信する手順を設定するだけで連動が出来ます。しかも、この方法なら将来の機器構成の変更や更新時にも、登録しているコントロール信号を修正すれば同一動作が可能です。物理的に回路を作った場合には、機器が変わると統一規格でもない限り動作は保証されません。

 まさに目から鱗でした。回路の部品を買わないで良かったです。我が家もリモコンでの連動で対応する様にしようと思います。
 これにて連動の件は解決しました。AVACさん有り難う。

(↓左下がAVACお勧めの逸品:機能が多機能な分専門的かも)

|

« DLPプロジェクタの設置(追加説明) | トップページ | 床材の選択について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電動スクリーンとプロジェクタの連動:

« DLPプロジェクタの設置(追加説明) | トップページ | 床材の選択について »