« 電動スクリーンとプロジェクタの連動 | トップページ | プロジェクタと大画面テレビ »

2006年12月 2日 (土)

床材の選択について

 週末ログハウスへは来週行く事になりました。結局、今週末も都会から300km彼方に想いを馳せるだけで、このところは月イチ・ログハウスになってしまいました。
 
 現地床下での未済工事は、各床部分の仕上げと隠し部屋の壁、隠し扉、天井の仕上げが残っています。
 隠し部屋に関わらない部分は、基本的にフローリング材で仕上げて、薪の一時置き場(薪に虫がついている事も有るので屋外で保存しているものの、毎回外に取りに出るのも面倒なので、焚き付け用など一部を床下に保管)や作業場など一部はコンクリートのタタキのままにする予定です。そして、悩んだのが、隠し部屋の床でした。

 各部分の床は基本的に階高が取れない(床下空間の有効活用なので1800〜1600(大引きの下)しかない)ので、床仕上げをキチンと施工すると利用空間をさらに狭める事になります。
 床に要求される項目は、先述の「空間を狭めない」事、コンクリートの冷気を遮断する事、湿気の問題(フローリングなど木製床板の裏表で、空気の湿度が違うと床板が反ってくるらしい)などがありました。
 さらに隠し部屋については、先日プロジェクタを設置した所、スクリーンが意外に周囲の反射を拾う事に気づいていました。床がコンクリートの防塵を兼ねて白色の塗料で塗装されていましたが、その反射が見事にスクリーンに映り込んでいる感じでした。このため、暗い色の床仕上げが必要です。オーディオの面からも、不用な音の反射を防ぐ必要(結構フラッターエコーが聞こえる…鳴き龍の間?)もありました。

 薄くて保温が有って湿気を防いで安い…となると中々思い浮かばず、結局、ホームセンターで売っている保温シートを床施工する部分の全面に貼る事にしました。
 フローリング部分は、その上に発泡系の断熱材を敷いてから並べる?形で考え、隠し部屋は吸音が必要なので、フローリングではなくカーペットを敷いて仕上げる形に考えています。よくOAフロアの表面に使っているタイルカーペット(そう言ったかな?)が50cm四方で200〜300円から売っている様なので使ってみようかと考えています。

 来週の現地入りまでに調達しないと…。それなりに、やる事はありそうです。

|

« 電動スクリーンとプロジェクタの連動 | トップページ | プロジェクタと大画面テレビ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 床材の選択について:

« 電動スクリーンとプロジェクタの連動 | トップページ | プロジェクタと大画面テレビ »