« リトルジャマーの登場 | トップページ | 残りの壁の造作 »

2007年4月 5日 (木)

リトルジャマーの設置

40001_1 いよいよ「隠し扉」のカモフラージュ?にリトルジャマーを設置しました。
 
 電源については「隠し扉」である棚にコンセントを付ける為に、隙間部分内での配線取り回しと、扉の開閉に対応出来る電源配線材料の選択に迷いました。
 
40002_140003  当初は可動部分の配線なのでキャブタイヤケーブルを中心に、撚り線ベース(VVFケーブルなどの単芯線のケーブルは曲げや捩れに抵抗してしまう)のケーブルで探しました。
 しかし、キャブタイヤケーブルは芯線の断面積を小さくしても、意外に被覆部分からか捩れには抵抗してしまうので、個人的には「コタツコード」が一番コシがなく曲げにも捩れにも抵抗も無く最適に思えました。因にカールコードは機能的には申し分なかったのですが、巻いている部分の径が大きく隙間に入り切らず使えませんでした。
 一方で折角辿り着いたコタツコードでしたが、近所のホームセンターにはバラ売りは赤色のコードしか在庫が無く、デザイン的にどう見てもコタツコードが明らかなので断念せざるを得ず、類似のコードの「照明器具用の吊りコード」を転用する事にしました。
 照明器具を吊る為の補強材が入っていて引っぱりに耐力があるので、何かに引っ掛けても普通のコードよりは安心です。
 
40004 40005  設置を終えて感じた事ですが、リトルジャマーは自然素材的な舞台に似合う感じがしました。手前味噌なのかもしれませんが、「隠し扉」の飾りとしては想像以上のまとまりで結構気に入っています。
 購入当初は、ステージライトが最大で4台接続可能なので、もう一組ステージライトを接続するつもりでいましたが、今の程度に緑と赤の点滅が左右からトランぺッターを照らすのも良い感じなので、当面は追加せずに使ってみたいと思っています。

 
40006  蛇足かもしれませんが、当初ステージライトを前方から照らしていたのですが、やや後ろから照らすと影が出る事に気付きました。トランぺッターの動く影(左写真赤枠内)も、割と面白い演出に思います。

BOSE オリジナル・リストウォッチプレゼントキャンペーン

|

« リトルジャマーの登場 | トップページ | 残りの壁の造作 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リトルジャマーの設置:

« リトルジャマーの登場 | トップページ | 残りの壁の造作 »