« リアル?隠し部屋 | トップページ | 最近話題のトンボラジコン »

2007年6月28日 (木)

床下の湿気の気になる季節になりました

 前回の5月末の週末。床下も遂に除湿器の電源を入れる事になりました。と言うのは、設置してある家庭用の湿度計(バラツキが多いので、購入時ホームセンターでじっくりと吟味して選んだ数個)で、湿度が70%を超えた表示をする様になっていたからでした。
 状況としては、3個ある換気口は全てビニールで塞いだ状態での床下でしたが、流石に季節は夏に向かい湿度も高くなってきた感じです。(言葉では自然に聞こえるけど、理由はどうしてだろう?)

 床下の除湿器は一昔前のコンプレッサー仕様のタイプで、我が家の場合には不在にしている長期間、内蔵の湿度センサによる自動運転が行われるので、自作の増設タンクが設置されています。
 先の非電化除湿器とは違い、電力を使った力任せに除湿するタイプですが、昨年の実績では自動運転の状態で、最大で2週間に10リットル近く水が取れた事があります。

 その除湿器の電源を5月の連休に入れていたので、先の週末(トンボ帰りの現地入りでしたが)4週間ぶりの状況を見て来ました。
 けっかは、意外に水は溜まっていなくて、概ね4リットルと言うところでした。

 床下の家庭用湿度計では70%近い数字を示していましたが、今回でも前の連休と同じ様に各部分の温湿度データロガーのデータを吸い上げて来たので、後日詳細をお伝え出来ると思います。

アウトドア&フィ
ッシング ナチュラム

|

« リアル?隠し部屋 | トップページ | 最近話題のトンボラジコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 床下の湿気の気になる季節になりました:

« リアル?隠し部屋 | トップページ | 最近話題のトンボラジコン »