« 隠し扉の重量対策 | トップページ | iPhone持って散歩 »

2007年8月20日 (月)

iPhoneのイヤホンってiPodと違ってる

 先日のアクティビテーションでYouTube以外の機能が使える様になったので、iPodとして持ち歩いています。実はその初日、以前よりiPodは初期型より複数代使い続けていたので、古いiPodのイヤホンを持って外出したのですが、Apple純正でしたが初期型のイヤホンは結局奥まで差し込めなかったらしく、音がスピーカ経由で出てしまいiPodとしては使えませんでした。

00000 00001 00002_2 (一番右がiPhone用)




 帰宅して良く見れば、iPodのイヤホンもジャック部分が、初代と後の方では外径が違っています。(初代の方が一回り太い)
 iPodであればジャックの先の金属部分だけ差し込んで使えていたので、外径の差は気にせず世代の違いを超えて使えていたのですが、iPhoneでは気持ちが外側部分も含めて差し込むので、初期型の太さでは最後まで入らなかったのでした。
 しかも接点の数も多い…。余計な1つ分は何に使っているのか分かりませんが、ステレオの左右と接地側以外にも、もう一接点あります。イヤホンがアンテナになったいるのか?等と想像していますが、右のイヤホンの線に余計な出っ張りもあるし、ちょっとだけ気になります。

モノ・マガジン オンライン

|

« 隠し扉の重量対策 | トップページ | iPhone持って散歩 »

コメント

はじめまして。私もやっと届いて寝不足の毎日です。

あれ使ってるとどこでもネットに繋がって欲しくなりますね。
日本のキャリアで使えるようになっても定額でないと大変でしょう。

さて、iphoneイヤホンの三つ目の端子は従来のipodの停止・送り等の
コントロール用と同じで、市販のipod用リモコンも使えるようです。
また、iphonリモコンの右の出っ張りは通話用マイクですが、ipodの
再生時にあれを一回押すと停止、二回押すと戻しのボタンにもなってます。SWが入ってるとは思えない大きさですが・・・

投稿: roba33 | 2007年8月25日 (土) 13時35分

 コメントありがとうございます。右イヤホン下の一見ちょっと余計な出っ張りに、アンテナかな?なんて勝手に思い込み、その内解体してみよう何て思っていました。解体しなくて良かったです。
 後からもう一度、付属のFingerTips見てみると、SWになっている事は、書いてありましたね。
 いずれにしてもiPhoneって、奥が深いオモチャに思います。

投稿: あぶ@関東 | 2007年8月26日 (日) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneのイヤホンってiPodと違ってる:

« 隠し扉の重量対策 | トップページ | iPhone持って散歩 »