« iPhone持って散歩(その2:電車編) | トップページ | なんてこったい!(iPod touch) »

2007年9月 5日 (水)

今更ながらiPhone開封

Img_7924 既に日常生活の道具になっているiPhone(家の中に置いておくと、無線LANで勝手にメールを取得しておいてくれるのが便利)ですが、以前開封時に写真取っておいたので、今更ながら開封編です。
 (このままでは、ブログが「iPhoneで遊ぶ」になってしまう気がするので、iPhoneの話題はこの辺りで一区切りにします)

 

 外箱は、以前のiPod同様にスベスベの独特の紙ですが、紙厚が厚くなっていて結構しっかりした感じの箱です。

Img_7926Img_7930 上蓋を開けると、すぐにiPhoneが出てきます。iPhoneは傷がつかない様に、ビニールでラッピングされています。
 そしてiPhoneを取り出すと、透明プラスチックのトレーの真ん中丸い穴があり、トレー下の紙の内箱の把手をつまんで取り出せる様になっています。
 トレー自体はしっかり出来ているけど、商品の梱包の一部以外に使い道は見当付きません。
Img_7934 Img_7936  内箱を取り出すと、イヤホン、ドック(立てて置くだけ)、ACアダプタ、接続ケーブルが出てきます。
 内箱の中身は、iPhoneの注意書き?使い方のヒント?リンゴマークのシール、iPhoneと書かれた黒い布が入っています。
 「本当にこれだけ?」と言った感じで、日本の携帯についてくるマニュアルの重装備とは両極端に思います。(もっとも、分厚いマニュアル数冊に書かれた内容には、読む以前に気力がなくなって自分勝手に使っている現在、「殆ど付いて来ないので勝手に使う」としても、結果には差がない気もしています)

Img_7938 Img_7940  ドックの方はiPodのオプションと、殆ど変わらない気がしますが、iPhoneのスピーカが下に付いているためか?接続コネクタの両脇に細かい穴が開いています。
 今のところですが、ACアダプタなどiPodと相互に代用してみても、差せれば機能はしている様です。
 
0000  イヤホンもiPodと同じと思っていましたが、右耳の下の突起が動作スイッチ(動作・停止・次曲に進める)になる他、マイクロホン兼用との事(携帯電話として使えないので試す機会が無い)で、見かけによらず優れ物です。
(←摘んでいる部分が、スイッチ兼用マイクロホン)

Img_7942

 全部取り出した後、箱内側の樹脂製の型枠と箱に隙間があったので、何かあるのかな?と思いましたが、期待虚しく何も入っていませんでした。

|

« iPhone持って散歩(その2:電車編) | トップページ | なんてこったい!(iPod touch) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながらiPhone開封:

« iPhone持って散歩(その2:電車編) | トップページ | なんてこったい!(iPod touch) »