« 隠し部屋にコタツ登場 | トップページ | リトルジャマー・サインライト購入 »

2008年1月 6日 (日)

プロジェクターでゲーム

 我が家のミニシアターでは100インチスクリーンを設置してありますが、今回もう一つの念願であった?ゲームをやってみることにしました。
 個人的にゲームは一時PS2を持っていたことは持っていましたが、2タイトル程度やっただけで他人に譲ってしまいました。どうも賽の河原に石積む感じで、夢中になることなく手放していました。

 今回PS3を購入したきっかけは、1)ブルーレイディースクを見てみたい。2)Baffaloのメディアプレーヤのアップスケーリング機能(480→720)に多少疑問を持っていたからでした。
 もっとも、PS3も発売当初は簡単に手が出ない(勿論、内容の凄さは理解していましたが)金額で、購入の優先順位では後回しになっていました。
 そして、先日のマイナーチェンジで無線LAN付きで価格が4万円を切ったので、我が家の無線LAN(もう10年以上使っている)に参加させることを含めて購入に踏み切りました。

0401  前置きが長くなったのですが、大きなスクリーンでやるゲームは微妙な感じでした。
(←ネット経由で入手したお試し版。結構楽しめる)

 いつもの視聴ポジション(約3.5m後方)ではスクリーンが視野いっぱいにならず、投影光に頭の影が出ない限界辺り(約2m)ではスクリーン外を意識することはなくなりました。(映画を見る通常の場合は、スクリーンの全体を見たいので離れて見ている)
0402  しかし、いずれのポジションであってもゲームが始まると、視野は視点を中心に狭くなるので、どっちであっても良好な感じです。こうした意味ではアクション系のゲームなどの場合は、スクリーンサイズを100インチなど無闇に広げなくても楽しめる様に思います。
 一方で困ったこともありました。特に落下など咄嗟の場合に頭が反応してしまい、落ちて行く時の気持ち悪い感じを、コタツに座っていても一瞬感じさせられてしまいます。スクリーンに近づいた場合などで動きの激しい画面が続くと、今の時点では車酔いになりそうな感じ(酔ってる暇はないけど)でした。

 もっとも、車酔いの方もゲームの経験が増えれば多分慣れて行き、画面の状況に頭の方が反応しなくなるとは思うのですが、今暫くは忍耐のゲームと言った感じがあります。

 緩やかな動きのシュミレーションでもあれば、高精細画像に対する大きなスクリーンのアドバンテージを楽しめる様に思います。
 こうしてみると、やはり…映画が本命ですかね。

ハピネット・オンライン

|

« 隠し部屋にコタツ登場 | トップページ | リトルジャマー・サインライト購入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロジェクターでゲーム:

« 隠し部屋にコタツ登場 | トップページ | リトルジャマー・サインライト購入 »