« 床下の作業場造作 | トップページ | 続ブランデー熟成遊び(約8ヶ月) »

2008年8月31日 (日)

写真の画質

D01 A01 今年の夏の初め、フトした事でコンパクトのデジカメを買いました。

 私がいつも使用しているのは、5年前のデジタル1眼で当時は価格も数十万円したアマチュアの先端(最先端ではない)でしたが、現在では実売価格で2万円を下回るデジカメに、画素数や焦点距離など良い勝負になってきてしまいました。

D02A02 コンパクトデジカメと言っても、色乗りの良さやメリハリの利いた絵など、羨ましく思う事も以前より多く経験しており、重さや大きさも気になって来ていたこの頃、ついに乗り換えようかと思ったりしていました。

 購入して1ヶ月…。職場には「写真は道具じゃない」と言う先輩もいますが、どうにも気持ちいい絵が撮れません。
 シャッターがワンテンポ遅い事や視野範囲が画像と大きくずれる事などは我慢しても、得られる画像が何かどこか中途半端に思えて仕方ないのです。
 勿論、コンパクトデジカメも古いデジタル1眼と、メーカーは同じなので基本的な絵作りの傾向は似ている様に思います。それでも…何かが違う。

 自分の腕を棚に上げて…かもしれませんが、今暫くは重くて大きい機材でも仕方ないかと思える気がしています。

 因に上の画像は夫々どちらが好きですか?

 画角が概ね同じになる様にトリミングしているので、元画像の画素数自体は違ってしまっていますが、大きさを揃えて96dpiに再変換している過程で、元画像の画素数自体の差の影響は少なくなっていると思います。
 双方共にストロボオフのオートで撮っています。

 (左側が昔のデジタル1眼、右側がコンパクトデジタルです)

|

« 床下の作業場造作 | トップページ | 続ブランデー熟成遊び(約8ヶ月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真の画質:

« 床下の作業場造作 | トップページ | 続ブランデー熟成遊び(約8ヶ月) »