« ボジョレーの樽届きました | トップページ | リトルジャマーのオーナーズクラブの会報が休刊になるとのこと »

2009年11月21日 (土)

iPhone3GをOS3.0にしたら遅くなりましたが…

 正規物のiPhone3Gなので、OSのアップデートも安心して出来る(以上、野良iPhoneに対して)と思っていたのですが、実はOS3.0のコピー、ペースト機能目当てにアップデートを行い正直反省していました。理由は、動作が非常に遅くなった(各機能の立ち上がりに相当待たされる…、仮名漢字変換も遅く…待てずに入力して誤変換の多発…)からでした。

 今までも、コンピュータ関連は、後々のアップデートで動作がとろくなる事は常なので、仕方なく諦めモードでしたが、最近、新たなアップデート関連で、iTunesの復元を試みると動作が早くなるという記述を目にして、駄目元でアップデートと復元をしてみました。

 実際、アップデートの影響か復元の影響か不明ですが、ともかく動作のもたつきは実用程度にまで回復しました。

 OS3.0にアップデートに伴う動作のもたつきが、どの程度発生していたのか分かりません(あまりメジャーな障害の様にも思えないのですが…)が、とにかく我が家のiPhone3Gでは改善した事をお伝えします。

|

« ボジョレーの樽届きました | トップページ | リトルジャマーのオーナーズクラブの会報が休刊になるとのこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhone3GをOS3.0にしたら遅くなりましたが…:

« ボジョレーの樽届きました | トップページ | リトルジャマーのオーナーズクラブの会報が休刊になるとのこと »