« 続:届きました…。が、中国4000年の歴史…? | トップページ | ご無沙汰しました »

2009年12月24日 (木)

続々:届きました…。が、中国4000年の歴史…?

Img_7886  本体にはSIMカードが2枚収納…。
 こんな事ophoneの記事に書いてあったかな??
 チャイナモバイル専用端末だった様な…そうならSIM1枚で十分。1台で2回線使っての高速通信?などと勝手な想像していました。

Img_7902 Img_7903  どうせ取説読んでも、簡体字の中文はすぐには理解出来ないので、まずは使うことにしました。キャリングケースは、蓋に磁石が仕込んであり、チープな割にちょっと凝ってるかも。と、思っていました。

Img_7891  でも、充電器を繋ぐ為のUSBの穴は、本体下部にあるのにキャリングケースの底には穴がない。
 充電するならひっくり返しで収納すれば良いかも。と、好意的に解釈しているうちに、付属のイヤホンがまたUSB接続である事が判明。
 もう一カ所USBが付くのかな?と見ていると、それらしい穴や加工もなく、1個のUSBコネクタで充電とイヤホンを兼ねるのも、経費を節減する為の工夫かな?と、好意的な解釈を重ねていました。
 しかし、通常のイヤホンで使う時に逆さまに入れておくのも…蓋も閉まらず微妙なので、皮のキャリングケースの底に穴を開けて使おうと思っていました。

 もともと、日本で使えない携帯電話を知ってて買ったものの、その決断には無線LAN機能がある事が前提でした。無線LANがあれば色々な使い道が出てきます。HPの説明でも高速無線LAN的な記述もあった様に記憶していました。しかし、画面や内部のコントロール画面にはIPアドレスやMACの関連と思えそうな項目はありません。
 仕方なく、付属していた中文の取説を見ましたが、僅かにIPアドレスの記述はありましたが、自動的に振られる様な記述でした。DHCPかな?と思いましたが、どこにもDHCPとは書いてありませんでした。
 WAPと言うアイコンがあったので、当初から無線LANのWEPではなくWPAと思って気にしていませんでしたが、実際綴りが違っています。…?。

 慌てて、WAPを調べましたが、どうも携帯電話通信網に関する項目の様子。更に?が多数出て来てしまいました。

 もうひとつ、放送規格も違うので駄目元で期待していたテレビ機能を見てみよう…とすると、ラジオ機能はあるけど決してテレビ機能ではない感じ。(もう既に?だらけで、自分でも妙な発想していましたが)本体裏のアンテナを延ばせ何か起るかも…と、期待のアンテナもスルリと抜けて…。

 本体裏の延ばせる棒は、アンテナではなかったらしい。
 多分、スタイラスペン…。道理で、指でタッチしても中々反応が厳しい筈…。

 これからは、この収納型のスタイラスペンでOKなんて、ちょっとは安心したものの、この辺りで?がハッキリと「なんで?」に変わりました。冷静にHPの表示内容と比べると、似てるけど何か何処かが違う…。

 開発途中の発表がHPの表示内容で、製品版では変更されたのか?? それにしては、とってもお粗末な感じだけど…。こんな状態でも出してしまうのが中国の常識なのか。本当に暫くの間、考えていました。

 

 その後とうとう、驚愕の事実に気付きました。(もう、当初からお気付きの方もいるとは思いますが、正直気付くまで2日かかりました)  levono…。

 ophone端末のo1を発売してるのはlenovoで、私がebayで買ったのはlevonoで、名前はophone1と言う機種で、内容的にはophoneと関係なく、単に普通の海賊版携帯電話でした。

 以下、続く。(続けるだけのモチベーションが保てませんでした)

|

« 続:届きました…。が、中国4000年の歴史…? | トップページ | ご無沙汰しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続々:届きました…。が、中国4000年の歴史…?:

« 続:届きました…。が、中国4000年の歴史…? | トップページ | ご無沙汰しました »