2010年7月14日 (水)

iPhone4のGPS

Dsci0469

 先日、名古屋に行った時、初代iPhoneとiPhone3GとiPhone4を持って行きました。
 初代iPhoneは元々日本では携帯電話では使えませんが、無線端末として購入したものです。勿論、GPS機能も持っていません。iPhone3Gの方も、先日まで携帯電話で使っていましたが、iPhone4の入手と共に無線LAN端末かiPodとして再活用するか思案中です。

Dsci0474

 さて、GPS機能のインプレッションとしては、iPhone3Gでも個人的には実用に不便はなかったのですが、位置決めの早さや精度でiPhone4は正常な進化を遂げている感じでした。

 移動中での位置の追従も、3Gより迷いが少なくなった様に思います。3GS以降に内蔵された電子コンパスは、地図上で自分の向いている方向が表示されるので、位置精度の高さと合わせて、結構ガジェットとして興味深いものがあります。

Dsci0471

Dsci0472

 一方で初代iPhoneの方も、同じくGPSを持たないiPad-Wifiでも、最近たまに自分の位置が正しく表示されている事に気付いていたのですが、どうも位置情報の送出機能を持つ機器(今回の場合、iPhone3GやiPhone4)が、ルーターに接続された場合、その接続した末端のルーターに接続する機器位置情報が記録され、そのルーターに接続する機器に位置情報として提供されるらしい事に気付きました。
 私の場合も、外出先でiPadなどと使い分ける必要から、e-mobaileのポケットWifi経由でインターネットに繋いでいましたが、ポケットWifiに接続した初代iPhoneも最終ルーター(ポケットWifi)の位置情報で表示されている様でした。移動すると1分位で位置が修正されるので、それはそれで、何か良い活用方法がないか考えてみたくなりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

続々:届きました…。が、中国4000年の歴史…?

Img_7886  本体にはSIMカードが2枚収納…。
 こんな事ophoneの記事に書いてあったかな??
 チャイナモバイル専用端末だった様な…そうならSIM1枚で十分。1台で2回線使っての高速通信?などと勝手な想像していました。

Img_7902 Img_7903  どうせ取説読んでも、簡体字の中文はすぐには理解出来ないので、まずは使うことにしました。キャリングケースは、蓋に磁石が仕込んであり、チープな割にちょっと凝ってるかも。と、思っていました。

Img_7891  でも、充電器を繋ぐ為のUSBの穴は、本体下部にあるのにキャリングケースの底には穴がない。
 充電するならひっくり返しで収納すれば良いかも。と、好意的に解釈しているうちに、付属のイヤホンがまたUSB接続である事が判明。
 もう一カ所USBが付くのかな?と見ていると、それらしい穴や加工もなく、1個のUSBコネクタで充電とイヤホンを兼ねるのも、経費を節減する為の工夫かな?と、好意的な解釈を重ねていました。
 しかし、通常のイヤホンで使う時に逆さまに入れておくのも…蓋も閉まらず微妙なので、皮のキャリングケースの底に穴を開けて使おうと思っていました。

 もともと、日本で使えない携帯電話を知ってて買ったものの、その決断には無線LAN機能がある事が前提でした。無線LANがあれば色々な使い道が出てきます。HPの説明でも高速無線LAN的な記述もあった様に記憶していました。しかし、画面や内部のコントロール画面にはIPアドレスやMACの関連と思えそうな項目はありません。
 仕方なく、付属していた中文の取説を見ましたが、僅かにIPアドレスの記述はありましたが、自動的に振られる様な記述でした。DHCPかな?と思いましたが、どこにもDHCPとは書いてありませんでした。
 WAPと言うアイコンがあったので、当初から無線LANのWEPではなくWPAと思って気にしていませんでしたが、実際綴りが違っています。…?。

 慌てて、WAPを調べましたが、どうも携帯電話通信網に関する項目の様子。更に?が多数出て来てしまいました。

 もうひとつ、放送規格も違うので駄目元で期待していたテレビ機能を見てみよう…とすると、ラジオ機能はあるけど決してテレビ機能ではない感じ。(もう既に?だらけで、自分でも妙な発想していましたが)本体裏のアンテナを延ばせ何か起るかも…と、期待のアンテナもスルリと抜けて…。

 本体裏の延ばせる棒は、アンテナではなかったらしい。
 多分、スタイラスペン…。道理で、指でタッチしても中々反応が厳しい筈…。

 これからは、この収納型のスタイラスペンでOKなんて、ちょっとは安心したものの、この辺りで?がハッキリと「なんで?」に変わりました。冷静にHPの表示内容と比べると、似てるけど何か何処かが違う…。

 開発途中の発表がHPの表示内容で、製品版では変更されたのか?? それにしては、とってもお粗末な感じだけど…。こんな状態でも出してしまうのが中国の常識なのか。本当に暫くの間、考えていました。

 

 その後とうとう、驚愕の事実に気付きました。(もう、当初からお気付きの方もいるとは思いますが、正直気付くまで2日かかりました)  levono…。

 ophone端末のo1を発売してるのはlenovoで、私がebayで買ったのはlevonoで、名前はophone1と言う機種で、内容的にはophoneと関係なく、単に普通の海賊版携帯電話でした。

 以下、続く。(続けるだけのモチベーションが保てませんでした)

続きを読む "続々:届きました…。が、中国4000年の歴史…?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

続:届きました…。が、中国4000年の歴史…?

Img_7882  届いたophone。

 iPhoneの"i"の文字よりも、数文字先を行っている"o"phone。
 何より音の響きが偉そうな感じ…。

Img_7895 その割に、本体横に一目で偽物と分かる本皮風の装飾もあり、中華テイストが割と「これもあり!」と、開封当時は思えました。その後(今)では、正直どうでもいい感じ。

Img_7877Img_7901  付属品には、本体のキャリングケースの他、AC100V用のUSBアダプタや車のシガレットソケット用のアダプタ、マイクロSDの2Gと、USB接続アダプタ、バッテリーは何と2個付属。などと一応一通りは揃う感じです。

Img_7887Img_7898Img_7897 中国の中国向け製品とは言っても、意外に、そのサービス精神は旺盛な感じでした。

Img_7893  早速付属の、AC100V用のアダプタで、USBケーブルで本体に充電しながら起動ボタンを押すと、充電中でも初期画面が表示され、最初に画面設定らしい表示になりました。(英文の表示を読むのが面倒で、早々にアラートボックスを消してしまったので推定)

Img_7907Img_7909  以前PCのタッチパネルモニターのキャリブレーションを経験したことがあったので、同様の作業と推定して表示を指で触って、数回の試行の後にキャリブレーションを完了し、本来の初期画面にたどり着きました。

 以下、再び続く。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月22日 (火)

届きました…。が、中国4000年の歴史…?

 よせば良いのにophone
Img_7864  実は意外に順調にEMSで届きました。でも、早速使ってみて…。記事に書く意欲を戻すための時間がかかってしまいました。

 ----------------------------------

 雑な割に厳重に包んであった段ボールを開封すると、実物が無事に入っていました。
Img_7868 Img_7871  外パッケージの中華風な精悍(台湾や香港で良く見かけそう)な感じの割に、その箱自体はこれまた中華風なシックな感じで、そこはかとなく文化の違いを感じました。
 箱中央の本体の下に、付属品が入っている点では、iPhoneのパッケージと形や大きさが違っても似た感じがしました。
Img_7873 Img_7880  iPhoneの様に、開けてすぐオープニング画面が表示されるかと、期待して取り上げましたが、期待に反して電池自体が実装されておらず、付属電池自体も放電されて添付されていたので、充電してから使うことになりました。

以下、次回に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

よせばいいのに…

 一昨日メールが届きました。「日本で使えると思わないが、本当にいいのか?…」
ebayで落札した業者からの問い合わせでした。
 実は、何となく円高(このところは、多少動いていますが)の恩恵を実感する買い物と思ってebayを見ていたのですが、ophoneが出ているのを見つけてしまいました。

 そもそも我が家の初代iPhoneは、発売直後に日本国内では使えないのを承知の上で個人輸入した物でした。その後、携帯回線未加入の状態での販売は中止されましたが、当初は米国内であれば、携帯として使用しない場合でも購入は出来ていました。(当然?アクティビテーションではひっかかります。この手の携帯通信会社と契約関係に無い「野良iPhone」を使いたいと思う人は、「脱獄」と呼ばれる作業で抜け道を探すことになります)

 もっとも発売当初の時点でも、使用出来る携帯通信会社が限られていたため、米国外への販売はしていなかったので、米国内の個人輸入業者の手を借りて入手しましたが、日本国内であっても、無線LAN環境では使用に支障はなかったので、手軽な無線LAN端末として使用していました。

 そして今回、記念すべきophoneも無線LAN端末で使用出来そう…駄目でも、大きめのGPS付きmp3プレーヤー(何の意味があるのか自分でも不明ですが思わぬ使い方もあるかも)と思い購入に踏み切りました。

 その後、「送りました…」とメールが来ましたが、本当に届くのか?いつ来るのか?正常な状態で届くのか?毎度の事ながら、気をもむ日々が続きそうです。

 蛇足ですが)ophoneの場合、Apple社のiPhoneと違い、複数の会社で複数のophoneがある事に今日気づきました。ophoneのOSを使っているiPhoneの様な携帯電話をophoneと呼ぶ様で、当然各製造会社の呼称もophoneではなく、私がebayで購入したのはLenovo社のophoneでO1と言う携帯の様でした。ちょっと残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

iPhone3GをOS3.0にしたら遅くなりましたが…

 正規物のiPhone3Gなので、OSのアップデートも安心して出来る(以上、野良iPhoneに対して)と思っていたのですが、実はOS3.0のコピー、ペースト機能目当てにアップデートを行い正直反省していました。理由は、動作が非常に遅くなった(各機能の立ち上がりに相当待たされる…、仮名漢字変換も遅く…待てずに入力して誤変換の多発…)からでした。

 今までも、コンピュータ関連は、後々のアップデートで動作がとろくなる事は常なので、仕方なく諦めモードでしたが、最近、新たなアップデート関連で、iTunesの復元を試みると動作が早くなるという記述を目にして、駄目元でアップデートと復元をしてみました。

 実際、アップデートの影響か復元の影響か不明ですが、ともかく動作のもたつきは実用程度にまで回復しました。

 OS3.0にアップデートに伴う動作のもたつきが、どの程度発生していたのか分かりません(あまりメジャーな障害の様にも思えないのですが…)が、とにかく我が家のiPhone3Gでは改善した事をお伝えします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月26日 (金)

今日「iPhone3G S」発売ですね

 先日の18日、OS3.0が出て我が家のiPhone3Gも無事にOS3.0機になりました。コピペが使えるのは便利に思いますが、ちょっとウザイ感じはあるかも。
 また、全体的に反応が遅くなった気がします。初代iPhone4G(AT&T機:脱獄済みでOS2.1)をたまに触ると、軽快さに新鮮みを感じてしまいます。

 もっとも、初代iPhone4GよりもiPhone3Gの方が、記憶容量も内部の演算速度も勝っている筈なので、何か何処かが変なのかもしれません。ただし、iPhone3Gの方は、全て純正アップデートなので変な訳はないとも思いますが。

 いずれにしても、軽快で悪い訳がないので、この点だけでも「iPhone3G S」の方が高くたって良い気がします。勿論、磁気センサー付きもGoodですよね。今のiPhoneはGPSだけだから、移動してみないと地図の向きがわからないし…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月23日 (木)

iPhone用の袋

 このところ、ご無沙汰しています。
 年度末から年度始めにかけて急に忙しくなり、最近は、寝に自宅に帰ってるみたいな日々が続いています。今月も、隠し部屋には遊びに行けなくなってしまいました。
 せっかく休日の高速道路が安くなったのに、月1回の遠出すら実現が難しいこの頃です。

Img_2109  さて、先日コンビニでオマケに釣られて、お茶を買いました。
 大したオマケでもなかったのですが、この小さい袋の大きさに感じるものがあり、自宅に戻って早速iPhoneを入れてみました。
Img_2110 Img_2112  気持ち窮屈な気もしますが、ちょうどいい感じです。どうも、荷物の中で絡むイヤホンコードが気になっていたので、以来この袋に入れて持ち歩いています。

 携帯電話を袋に入れて運ぶのは…と言う意見もありますが、基本的に私のiPhoneは出先用のネット端末なので支障無い(iPod機能以外では、公衆無線LANでしかアクセスしない)感じです。もっと色んなバリエーションの袋が欲しかったのですが、このオマケが付くキャンペーンは既に終わってしまった様でした。

 ネット端末としてのiPhoneは便利ですが、一方で、従来の携帯電話の契約を残したまま、ネット用にiPhoneを追加契約している現状が、本当に合理的な選択だったのか…今更ながら考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

新iPhone

 いよいよ携帯の充電が効かなくなったので、何とか時間を見つけて携帯屋さんに寄ってきました。
 最近お腹が膨らんできた電池は、基本的には劣化症状(物に拠っては2〜3年で仕方ない?)とのことで、初回のサービス?の電池交換になりました。
 数週間でメーカーから届くとのことでしたが、数週間の間「お使いにならない方が良いと思われますが…」と言われる携帯を使うのも、微妙な感じがしたので新機種に交換…も、一瞬考えました。

 新機種なら、今度こそ携帯電話の使えるiPhone?(我が家の野良iPhoneはAT&T)が良いと思っていましたが、大昔のスカイメールやCメールと言った携帯電話網のメールが主な通信手段の我が家の状況や、他の携帯会社に電話をかけると高い様な感じがするiPhoneの契約条件はちょっと気になりました。
 インターネットのメールと、携帯会社通信網のメールに恐らく結果として大きな差はない(この辺りの、SMSやMMSの話の詳しい所は他のサイトさんに任せるとして)と思うのですが、従来の携帯通信網のSMS主体のやりとりに対して、ひと条件制約が増えるのは、どうも気になりました。(例えば通常無料になる同一携帯会社内のSMSであっても、携帯番号ではないSMSのアドも持つiPhoneでは、番号でない方の携帯アドを指定してSMSを送ってしまうと有料送信されるらしい…など)

Img_1860  そして、いろいろ考えること十分…(店員さん、待たせてごめんなさい)、なぜか気分的に追加一台として、iPhone3Gを持つことにしました。
 今までの携帯電話+iPhone3G+今までの野良iPhone。2個の携帯番号含めて使い分けが難しくなりました。

Img_1866Img_1862Img_1864 早速自宅に持ち帰って、旧モデルの野良iPhone(初期型iPhone4Gモデル)と比較してみました。

Img_1872 Img_1874  パッケージの外箱は、iPhone本体の変化(一回り大きくなった)に合わせてか?同一デザインを継承したまま、僅かに薄く&幅広い方向に変わっていました。

Img_1871Img_1877Img_1878 パッケージの中身自体は、充電器がかなり小さくなったこと以外に、大して変わっていませんでしたが、Img_1881 Img_1882 携帯電話用のU-SIMカードの取り出し方のイラストが描かれていたことと、取り出し用のピンが付属品になったところも、初期型と違っていました。

 また、初期型では、我が家に届き開封後すぐに電源を入れると起動して地球の絵が出てきて、個人的には感動しました。(その後アクティビテーションが出来ず苦労の日々を迎えることになるとも知らずに…)
 一方で今回は、いきなり付属ケーブルに繋いでiTuneに接続を指示する画面が出てきたので何か余裕と言うかスケール感がなくなった感じで、多少がっかりしました。

Img_1886 Img_1888 Img_1890  お店から渡されたU-SIMを本体のトレーにセットして差し込みiTuneに接続すると、数分の後にアクティビテーションは自動で処理されて、通常にマウントされ携帯電話を含む全ての機能が使える様になりました。Img_1892 Img_1893 Img_1894 もっとも、無線LANの各種設定やメアドの登録等、様々にやることもありましたが、初代の野良iPhoneと比較して純正品を通常の使い方で使う手軽さを実感しました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

イヤホン買いました

 ケースが壊れていても、外れた部分を嵌め直して接着剤で固定したので、一応は使えてはいました。
Img_0871  しかし、そう遠くない先に今壊れていない部分も危ないと思ったので、新たにイヤフォンを追加購入しました。Appleのストアにネットで注文して2日後届きました。
 以前、iPhoneの国内販売がされていない頃に予備のイヤフォンを考えていた時期があり、当時ネットで米国のAppleStoreに注文すると送料含めて5千円を超えていた記憶がありましたが、今では国内の注文で4千円で済むとは随分便利になった気がします。

Img_0874 Img_0875  中身は単にiPhone用のイヤフォンでしたが、結構丁寧なパッケージで、空間的な大きさと全体の重さで見ても、本体の方が遥かに小さい(無駄が多い)感じがしました。
 同じ携帯電話で見た場合のiPhoneのパッケージのスッキリ具合から考えると意外な感じでした。

Img_0876  使ってみての感想も、同じ物の追加購入なので特にある訳もないのですが、もしかしたらイヤフォンの配線の素材がちょっと変わったかも(古い方が経年劣化した可能性もあり)と思いました。音の変化は…正直判りませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧